07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< vimeoさんからの手紙 | main | Boston Dynamics - PETMAN Prototype >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
神と呼ばれたハーブ − エキネシア物語

「神」と呼ばれたハーブ

このハーブが医療用メディカルハーブとして認知されたのは近年に入ってからで、エキネシアと言う名前が付けられたのでさえ1974年の事です。と言うのもこのハーブは、北米の限られた地域にしか点在して原生しておらず、人知れずひっそりと生息してきたからです。このハーブの薬効を太古から知っていたのは、アメリカン・ネイティブ(原住民)たちでした。部族の中で、シャーマンと呼ばれる医師と牧師を兼ね備えた役柄の人達は、数多くのハーブの中でもこのエキネシアを他のハーブとは区別し、「神」としてあがめてきました。


差別と偏見を受けながらも広がり続けたハーブ

初めて白人で彼らの伝承医学の知識を分け与えられたのは、ドイツの医師Meyerで、1870年代の事です。その後、この万能薬は徐々に一般に認知され始め、やがては医学界に大きな論争を巻き起こしました。米国医学協会は、このハーブを認めず「まやかし」と決めつけました。と言うのも、最初のMeyerのパフォーマンスがあまりにも強烈だったからです。それはガラガラ蛇に自らを咬ませ、エキネシアだけで治療するというものでした。でも、Meyerには自信がありました。彼はネイティブがそのようにエキネシアを利用してきたことを知っていたからです。

医学界に認められないまま、それでも自然療法医学の医師達はこのハーブを大いに利用し治療を続け、一般にもひろがっていきました。実は多くの医師達は、この「万能薬」エキネシアの薬効がヒト免疫システムに作用している事に気がついていました。

「私は免疫力・快復力の増強に、エキネシアより優れた薬を知らない」.A.L.Nourse博士
「効果は数千人の医師の管理下で厳しい実験を通過し・確証されてきた。利用した者は、すぐに熱狂者になってしまう。」F. Ellingwood博士

このように、医学協会が認めようと認めまいと、自然に医師達の間に受け入れられました。

今でもこのハーブは、FDA(米国)では食品として扱われていますが、ドイツでは医薬品として承認され、240種類以上の薬品に成分として使用されています。日本の厚生省は、1998年3月、やっと食品分類に加えています。


参考1:現在、ドイツで認められているエキネシアの生理学的効果

・きわめて短時間で免疫システム全てに作用し免疫力を強化する
・マクロファージが体全体で活性化され、バクテリア・ウィルス・感染細胞・廃物を攻撃する
・白血球を刺激する
・キラーT細胞を刺激する
・免疫細胞の「食細胞」を増やす(菌・ウィルス・有害化学物質を除去する能力を増強させる)
・ヒアルウロニダーゼ(細胞間充物質を溶かす酵素)の抑制(菌・ウィルスが入り込むのを妨げる)
・健康で新しい組織の成長を刺激する
・炎症抵抗効果(痛み、赤み、そして他の感染症状の緩和を助ける)
・properdin/補完システムを刺激する(身体が伝染を抑制し、伝染を妨げるのを助ける)
・アルファ-1とアルファ-2ガンマグロブリンの増加した産物を刺激する(これらは伝染病を妨げる)
・腫瘍の成長を抑制する
・カンジダと闘う
・舌の下にある免疫組織を直ちに刺激する
・「保護シールド」である「表面的免疫システム」全てに信号を送り、免疫の敏感な組織を刺激する
・骨髄を刺激する(免疫細胞がここで作られる)
・リンパ腺や血管・血液の浄化を助ける
・体内インターフェロン増産作用による免疫力強化


参考2:自然療法医がエキネシアを使用する症状例

一般的な伝染病や傷の治療・風邪・インフルエンザ・カンジタ菌感染症・泌尿器官系統伝染病・骨盤炎症病(P.I.D.)・扁桃腺やのどの伝染病・呼吸器系統伝染病・やけど・ヘルペス・皮膚潰瘍・乾せん・百日咳・気管支炎・白血球減少症・リューマチ性関節炎・アレルギー全般・歯痛・口や歯ぐきの感染症・血液浄化・食中毒・いろいろな腫瘍・湿疹etc


参考3:ドイツにおける使用上の注意

ただし免疫障害で治療中または投薬を受けている方、インシュリン欠乏症や膠原病など免疫がその原因の一部になっている疾患の人は利用できない。


【転載元】
■−神と呼ばれたハーブ− エキネシア物語
http://tittan37.hp.infoseek.co.jp/members/products/nutri/echinacea_history.html
zacky | ・新型インフルエンザ関連 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
長いこと患っていた気管支炎に エキナセア これ効きましたよ。そのうち試してみようと思いながら存在を忘れていました。zackyさんのおかげで思い出しましたよ。漢方薬のような味なので、我が家では蜂蜜と生姜を入れて飲みました。子供にも好評でした。

これ花が可愛いし、自分で育ててみたいな。

| まみりん | 2009/12/25 1:12 AM |


そいつは良かった!

Dr.Meyerの蛇のパフォーマンスは、交流電流を自らの身体に走らせたニコラ・テスラを彷彿とさせますね。「まやかし」のレッテルを貼られた場合のカウンタはいつの時代も過激です。ワクチンを信じる者はワクチンを打てば良い。ハーブを知る者はハーブを煎じれば良い。決して分かり合えない両者かもしれないけれど、人類の二極化だけは避けたいと強く想います。

まみりんさんがエキネシアを育てるなら、オレはタバコを栽培(←ほぼ違法)しよっかな。
そして交換しましょうか(・∀・)ノ
| zacky | 2009/12/25 8:42 PM |
Twitterの書込み私です。どうしょう夫とラブラブなのに…

これも読んでくださいませ。

内科開業医のお勉強日記
intmed.exblog.jp/5607976
子宮頸ガンにおけるHPVーDNA検出率は70%台のようである。とか子宮頸ガン=HPVと断定すべきでない って書いてあります。

それからエキネシア追加してまた買ってきました。
zackyさんに感謝。
| まみりん | 2009/12/28 5:39 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/917
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM