07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 伊藤俊輔 - 空にまいあがれ | main | vimeoさんからの手紙 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
トラックで輸送されるインフルエンザ・ヴァイラス

↑開口部の大きさや窓の数から察するに、機体のベースは旅客機でしょか。実験室で培養されたインフルエンザ・ヴァイラス、降雨や降雪を促す薬剤ほか、様々な化学物質を空中散布するため専用に改造された航空機の内部写真です。


以下、ケムトレイル・気象操作掲示板にアップされたコメントの転載です。



今年の4月中頃に新型インフルエンザで世界が騒ぎだす少し前、3月30日にアメリカのパワー・アワーと言うラジオ番組にマリーと名のる女性が緊急電話をして、次のような恐ろしい事が米国内で行われていると報告していましたので、長いですが簡単にその話の内容を書いておきます。

最近、鳥インフルエンザが国土安全保障省によって輸送された。

自営のトラックドライバーが1日3回の輸送、1回につき5千ドルの賃金で雇われ、その支払いはニューヨークのバンク・オブ・アメリカの建物内の部屋で連邦調査官から現金でもらっていた。合計額は、ドライバーによっては10万ドルをこえていた。

ドライバー達は仕事前に予防注射をされ、仕事はいつも夜遅くから始め、午前3時にニューヨークにある国土安全保障省のビルの一つに行き、仕事の終わりを確認した後で帰宅となっていた。

仕事内容は液体の入った氷詰めにされた容器をニューヨーク州アルバニーの国土安全保障省ビルの地下貯蔵庫からメナンズの国防総省の地下貯蔵庫まで運ぶことであった。ドライバーは一旦仕事が始まると、終わるまで車から出る事はゆるされず、オシッコも運転席でするようにと言われていた。

国防総省ビル地下での荷物受け取り人達は、全員毒ガスやばい菌から身を守る完全防護服をきていた。トラック輸送は、給料の数倍の手間賃で雇われた引退した元ニューヨーク州兵が警護していた。

他のトラックドライバーは、ミサイル型の透明なプラスチックの入れ物に入った液体を、一回1万8千ドルの賃金でストラットン空軍基地まで運んだと証言している。 基地には空中散布器が取り付けられたC−130輸送機が待機していた。

この出来事にはNY市警察やFBIも含め、多くの政府機関が係わり、沢山の人が知っている。 NY警察の一人は、これは警察がどうにもできない非常に大きな力が動いているので、警察は沈黙するよりしょうがないと話していた。

尚、この情報は、始めは国のためと思ってした仕事がとんでもない間違いであったと気づき、後悔した人物の宣誓証言で話した内容です。


以上

上と同じ記事ですが、念のため双方バックアップでこちら
http://nuevlxxxxrusfel.blog5.fc2.com/blog-entry-207.html


↓ これも時期的には同じ頃(2009年4月)の告発文です
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=734





以下、改造撒布機の機内ギャラリー




機内に張り巡らされたパイプを怪しい薬剤が流れ回る。





結構機材が多いのね。





これは昔からあちこちで出回ってる画像ですね。





スタッフが軽装なので中身はインフルではないと思われます。そもそもインフル撒布は最重要機密扱いのはずなので、写真の流出は有り得ないでしょう。もしC-130ハーキュリーズ改造機の写真をネット上で見つけたとしても、画像を取りに行くのは危険なので止めときましょう。アナタのパソコンが破壊される可能性があります(・∀・)ノ




トップ画像の高解像度版。





少しCGっぽいなぁ。





圧巻ですね。薬剤の種類によってタンクが異なるのかね。



このブログでケムトレイル関係の記事は、「世界人口削減計画」にカテゴライズされてます。
zacky | ・世界人口削減計画(60億→10億) | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/915
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM