08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< RCサクセション - 明日なき世界 | main | 南太平洋・サモア諸島で大地震=M8.3、津波発生 >>
ENTRY TOP
温泉の効果と温熱療法

佐藤 病気の大半は体が冷え切っているせいで、冷たい飲み物の取り過ぎが原因になっていて、本当は暖かい飲み物を取ればいいのです。ガン細胞も高い温度では分裂が鈍ってしまい、常温42度で人間を温熱療法することで、ガン細胞はどんどん消えていきます。

藤原 そのように言いますね。だから、ガンになった人はサウナに入るといいし、風邪を引いた時にもウィルスを抑えるので、サウナがいいことは体験的に知っています。私もくしゃみが出て風邪を引いたと思えば、サウナに入って汗をかくと治ってしまいます。

佐藤 変わり者だが日本で第一人者の先生が、昔から温熱療法が最も体にはいいといって、熱い風呂に入ることを患者に勧めているが、どうせなら地の気が出ている温泉がいいと、私は温泉に湯治に行くようにアドバイスしてます。

藤原 温泉は地球の内部から上昇した水が、地熱で暖まって温度が高くなっただけでなく、いろんなミネラルを溶かし込んでいるので、それが芯底から体を温めてくれます。 
 それに加えて、体内にある余分な水素イオンは毒だが、皮膚呼吸を通じてこの毒を外に出して、新陳代謝を促進する作用をしてくれ、その結果として生命力が高まるのです。

佐藤 だから、昔から風呂は百薬の長だといっています。

藤原 神田の末広町に白湯という銭湯があり、石膏質の湯の花を混ぜているので、硫黄分が効いて体が芯から温まります。だから、老人たちが朝湯を楽しむことで有名だが、芯から体を温めると風邪を引かないし、自然治癒力が高まって健康にいい。

佐藤 私の山形のお寺にも蔵王の温泉があり、火山のお陰で湧き出したお湯だから、体の芯から温まる有り難い地の恵みです。温泉につかってから1600米の所まで登り、真冬で氷が張っている泉の中に飛び込んで、冷たい水を浴びると血管が収縮して、身体が本当に火照る感じで風邪も引きません。

藤原 暖め方に酸化と還元の問題があり、一番いいのは先ず弱アルカリ泉に入って、体内の水素イオンを皮膚の外に引き出し、次に弱い酸性の湯で濯ぎ洗いをすれば、腹式呼吸で酸素を取り込むのと、同じ効果があります。 
 牡蠣を食べた後でフインガーボールで指を洗い、薄い酸で皮膚を清浄化するのと同じだし、智恵は生活の中で生きているのであって、朝にお茶を飲み梅干しを食べるのも同じで、これは何も難しい理屈ではない。

佐藤 要するに調和で均衡を取るのであり、一方だけに偏しないことが大切です。厳冬に水を浴びると皆が「先生、風邪を引きますよ」と心配してくれるが、こうやっているから冬でも風邪を引かないのに、それが大部分の人には分からないのです。

藤原 これも風水師の大雪山さんからの伝授だが、温泉と同じ効果を簡単に作る方法として、花崩岩や氷晶をクエン酸の溶液で煮出し、それを風呂にコップ一杯分混ぜて入るのです。そうすると温泉に行ったのと同じ効果で、生命力がものすごく高まるそうだが、良く考えてみると成るほどと分かります。 
 クエン酸溶液はフィンガーボールの水と同じで、クエン酸サイクルと呼ばれるATP(アデノシン三リン酸)により、栄養物を燃やして体温維持をする時に、有害な酸性物を燃やして体をアルカリ性にするから、確かに面白い発想だと思いました。 


以上

【転載元】
ガイア(地球)の恵みと生命力の根源
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/article/gaia02.html


自宅で温泉ならこれオススメですよん(・∀・)ノ

■登別温泉湯の華本舗
http://www.yunohana-honpo.jp/

10年近く前にこれ作ってる方にお会いしてその生産現場も見てきてますが、
もちろん余計な化学物質は一切混入されてない天然温泉のもと。
工場つーかね、普通の一軒家の離れで作ってるのよこれ。

♪ここは北国、登別の湯
zacky | ・病と健康 | comments(8) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
きゃ〜ん(≧∀≦)〜♪
温泉だぁぁ!温泉に行く為に銭を稼がなきゃって時期もありました!

酸化と還元、なんすよねぇ本質は…だけど湯に入る時ゃあ、なぁ〜んも考えとらんけんね〜!

ひたすら、大地の恵みである湯を肌と喉で味わい、余裕が出て来たら、その恵みをもたらした環境を愛でて眼福を味わい、火山などの熱源や地層に考えを巡らし、その湯を見つけて守り現在に伝えてくれた地域の先人と、現在にこのような形で保ってくれている湯守りの方に感謝しながら、恍惚としとりますです。

なので、貧乏人のクセして隙があったら、す〜ぐ温泉行ってますね♪
「温泉バカ一代」の郡司勇さんの推薦湯は、かなり好みが一致するので、助かります。何故なら、お湯がイイ処は安いから!これは真実ですよ〜♪

登別は、瀧本館に泊まってしまい、バイキング飯とアジアからの団体客に、失敗したぁ!と思ったけど郡司のお薦めの、湯釜からの温泉の川…ハイキングコースですが、小雨模様の為に人影が無かったのをいい事に、ちゃんと裸になって入浴できたのが収穫でありました(^^ゞ

ああ…お湯の話は尽きないのでこの辺にしますが、湯治宿にいらしたことのない方!是非一度行ってみてください!
| yuko | 2009/09/29 5:00 AM |
あはは連投なのだ!
湯治宿と銘うってなくても、古くからやってる処は湯治宿から発展したケースも多いので、旅館部と湯治部として営業していたりします。
部屋は、昭和40年代くらいの下宿アパートみたいなもんですが、年寄り客が多いからか暖房はちゃんとしてますね〜(別途費用)

自炊施設が整ってる宿でも、食事が頼める所は多いです。旅館のようにたいして旨くもない料理が皿数だけ沢山並んで、食べ疲れることもないし、普段の家庭料理的な食事だったりするので楽ですよ〜。

私が宿を予約あるいはパンフレット請求する時に尋ねるのは、共同使用であってもいいから冷蔵庫の有無/タオル・浴衣・歯ブラシの有無/入浴時間/食事の場合は食堂か部屋か…です。

部屋に着いて暫くしたら、布団を敷いて、いつでも倒れられる体制にしといて…あとは、風呂→ビール→食べる→寝る→風呂…の、昇天コース♪
一つ部屋に4人とかで泊まる際は「秘伝・井桁敷き!」…テーブルを囲んで布団を敷くのです(笑)
これは、かなりグー♪ですぞ。

…あ〜興奮してしまいました!長々とゴメンちゃい!
| yuko | 2009/09/29 5:30 AM |
本当に勉強になりました。
恥ずかしながら登別に住んでいながら温泉の効能はよく分かってなかったのです。
湯の華本舗のご主人とは個人的に知り合いです。
市民の一人として登別温泉を大きく取り上げてくださりありがとうございます。

| HK | 2009/09/29 9:55 AM |
またしても出て来たし…(^^;; 一回目、湯の華本舗の湯の華について書こうと思ってたのに、書き始めたらコーフンして忘れてやんの!バカですね〜。

銀座でホステスやってた頃、バレンタインデーでチョコでなく、この湯の華をお客様に贈ってました('-^*)v
好評でしたよ〜!
各地に色んな湯の華がありますが、ここのは本当にイイですね♪あと二股ラヂウムのが、高価だけどとってもイイ!

登別では、バスで登ってカルルスにも参りました。海岸の崖上にある、フンベ(でしたっけ?)温泉共同湯にも行きたかったのですが、足がなく断念しました。
イイ湯らしいので、登別にお住まいなのでしたら、是非ともいらしてご感想をお聞かせ戴きたいところです。
登別の共同湯も、熱いけれど良かったです♪
| yuko | 2009/09/29 4:33 PM |
yuko 様

本当に温泉好きなんですね。
登別の共同湯とは温泉銭湯の「さぎり湯」と言いまして地元でも人気です。また、海岸の崖上のフンベ山温泉をご存知とはマニアですね。
最近、そのフンベ山温泉は建物が老朽化していたため建替えられたそうですが、清潔な温泉施設に慣れている方々にはお勧めできません。しかし、多少でも登山ですとかアウトドアの環境にある方でしたらOKと思います。

yuko 様も閲覧中の皆様も登別温泉に遊びにきてください。

管理人様と閲覧中の皆様へ
こちらのブログにふさわしくない書き込みお許しください。

| HK | 2009/09/30 1:01 AM |



「ふさわしくない書き込み」などと何を仰いますやら(・∀・)ノ
御陰様でこの記事がリアルで内容の濃い物になりました。

父が仕事現役時の会社の福利厚生施設が登別温泉に有りまして、
幼少の頃から毎年のように連れて行かれたのを懐かしく思い出します。
「ここ地獄谷。落ちたら溶けて髪と爪しか残らない」と説明されたり←ホントか?

湯の華本舗のお子さんは、もう小学校高学年くらいになりますかね?
まだバブバブしてた頃に自分は室蘭に数年住んでたことがあったんですよ〜。
HKさん、また氣が向いたら別の記事にもコメント貰えたら嬉しいです。

つかね、yukoさんナイス過ぎるw
新型インフルエンザ対策の新サイトに「温泉バカ一代yuko」のコーナー作りましょ。
yukoさんの魅力にプラス湯の華本舗を送るなんて、それはお客さんの心を鷲掴みでしょうね。

銀座。憧れの銀座。一度は行ってみたいけど怖くて行けないよ銀座。


思いっきり余談ですが、アタクシの金玉は右下がりw
詳しくは記事転載元の「左巻き人間の体の螺旋構造」参照。
この辺の詳しい話は機会があればまた(・∀・)ノ
| z@cky | 2009/09/30 10:42 PM |
ぶほっっ!!zackyさんの…右下がり…ちょうどお茶飲んでるとこだったので、思いっきり吹き出してしまいますた(≧∀≦)
これではまるで玉蔵さんではないですか。

だははは私の拙い温泉話を受け入れてくださって嬉しゅうございます。

思い出しますたが、登別湯釜からの湯の川に野湯を愉しんだ時のアホ写真、年賀状にしてお客さんに出したんだった〜!
そんで、2月に湯の華送ったんですた。バカだねぇ〜σ(^_^;)

上記の登別話をカキコした後、ケム板見たら…山梨ってんで、コーフン覚めやらぬ状態のまま、またも山梨温泉話をカキコしてしまい…やはりバカ一代!?
しかし、他の方に受け入れて貰えるんだろか???

HKさん、フンベ山温泉の情報をありがとうです!改築されて続けられてるのが判って、嬉しいです♪
| yuko | 2009/10/01 12:44 AM |
z@cky 様
yuko 様

こちらこそ私に付き合ってくださり感謝します。
そちら様のようなサイトは熱血漢が多く訪れるせいか荒れやすい傾向にあるのですが、全くそのような事は見られなく、温泉の話で盛り上がって楽しかったです。

フンベ山温泉はNHKや地元民放のローカルなTV情報で時々取り上げられており訪れる方も多いと聞きます。
また、地獄谷の怖い話は本当のようですが自殺の名所が他に出来たせいか、そちらの方へ移ってしまったらしいです。

話は変わりますが、陰謀系でト学会でも取り上げられた個人的に知人のK先生に、こちらのある記事を紹介しましたところ本当にに賞讃しておりました。
何度かメールしようと思いましたが、メールのフォームが文字化けしておりまして送信出来ずにおりました。
私のブラウザ設定に問題があるのかも知れませんが、ウイルスはチェック済みで問題はないとは思います。

コメント送信フォームにアドレス記入しましたので、何かありましたら遠慮なくメールしてください。

これから、他の記事にもコメントしようと思っておりますので、これからよろしくお願いします。
| HK | 2009/10/03 11:52 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/889
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM