09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 中川昭一さんが死亡 | main | セムシーズ - イヤシノウタ >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
化学物質無添加煙草“アメリカン・スピリット”を水パイプを使って吸ってみる、の巻


「百害あって一利無し」…そんなモン、この自然界には存在しません。(多分ね)
実験室で作り出したワクチンとかはどうか知りませんけどね〜(・∀・)ノ


さて、なぜ水パイプを使ってタバコを吸うのかと言うと、、

・水のフィルターを通すことによって煙の温度をグッと下げる
・燃焼時に発生するタールや一酸化炭素を水で取り除く
・単純に少し変わった方法での喫煙を楽しむ

といったところなのですが、まぁ小難しいことはさておき……

普段タバコを吸わず煙りが苦手な方で、尚かつ煙草の殺菌作用を理解して
「新型インフル対策にアメスピ〜」と考えてる方はこの方法でどぞ(・∀・)ノ
フィルター付紙巻き煙草の煙より、ぐ〜んと味がマイルドになります。

ただし、、、

これ、普段タバコ吸ってる人でも飛びますよw
初めてタバコを肺に入れた時のあの感覚、ニコチンの効きが楽しめます。
要は少しクラ〜っと来ます。あ、飛びます飛びますww

といった訳で以下、



↑ 愛用の水パイプ




↑ バラした図。このように5つのパーツで出来てます。シンプルです。




↑ 指先でつまんでるのは火皿。それなりにズシッと重いので管に乗せるだけです。




↑ 火皿を乗せる管と、Rがかかった吸い口をゴムキャップに差し込んだ状態。




↑ 水を入れたらそのゴムキャップのフタをして準備完了。
更に水温を下げて煙りを冷やすために氷を一つ入れてます。




↑ アメスピを1本取り出して、




↑ このようにほぐします。これで紙巻き煙草1本分の量。




↑ これくらいで1回(一服,一吸い)分かな。これでも少し多いくらいカモ。




↑ 火皿に乗せますた。ピンぼけです。
  拙者、独り接写撮影している故、タマには仕方ないので御座る




↑ タバコを入れた火皿をのせて準備完了!




↑ 左手でビンを持ち画面右下の吸い口に口をつけて、少し離れたところでライターを点火してから、このように横から火を付けてスーッと吸い込みます。

何だか悪い麻薬をやってるような怪しい気分になれます。(←オレだけ?)

最初はどのくらい吸い込んでどのくらいの煙が入ってくるのか、その感覚が解らないと思いますので、まずは“もわ〜”っと口腔内に煙りを溜め、そこから少しずつ肺に落としていくって感じで。普段タバコ吸わない方は、やはり上の写真の量でも多いカモです。



↑ 火皿掃除中。オレレヴェルの達人になるとこのように片手でチョイチョイです。
  嘘です。撮影用です。




↑ これで紙巻き煙草1本分のタールです。
 間違えてナメってしまったら、なまら苦いですこれ。猛毒です。


以上〜。

水に溶け出たタールを猛毒とか言ってますが、このタール=乾留液自体にも殺菌作用があり、一概に「毒」としては片付けられません。「死ねない物は薬じゃない」と言われるように、要は分量や使い方であり、絶対的な毒も絶対的な薬も有り得ません。あ、ワクチンとかのケミカルはどうか知りませんけどね。

タールは目地を埋める防水剤などにも良く使われてたってところから、呼吸器系から体内に侵入してくる様々な毒を殺すといった作用のみならず、肺の内壁にうっすらとタールのコーティングを施し、インフルエンザヴァイラスを微粘膜から侵入させないといったところで、市販されてる紙巻きタバコをそのまま吸うのも有りです。

だが、

この記事では水パイプでタールは除外、ニコチン単体の殺菌作用を享受するって話ですね。


さて、タバコが嗜好品として世界中に広がった表の歴史は皆さん良く知るところだと思いますが、もともとネイティブアメリカンたちはタバコを常用していたわけではなく、本来「晴れの日」にのみ、特別な宗教儀式にのみ服用した神聖な植物であります。要は、ここのオレみたいに毎日紙巻き煙草20本とか吸ってたわけじゃない。

ネィティブアメリカンはタバコを服用することによって、その体内に住まう邪気を祓い、“マニトゥ”という大地の精霊にアクセスしていた。タバコはそのための神聖な植物であります。

■ハレとケ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%81%A8%E3%82%B1

宗教儀式で使用していた煙草を解りやすく身近なシューキョーに置き換えるのならば、神道で例えるところの“御神酒”のようなモノですかね。

まあ逆説的に考えるならば、文明社会で「嗜好品」呼ばれるものは、晴れの日にのみ服用していたモノを日常的に服用するようになったってこと。酒も煙草もね。

お酒の殺菌作用は皆が知るところではありますが、ここで興味深いのは「天」を信仰する神道がダウナー(鎮静剤)である酒を使って穢れを浄め、「地」を信仰するネィティブアメリカンがアッパー(覚醒剤)である煙草を使用するといったところ。この辺を突き詰めると脱線して戻って来られなくなるので、また機会があればオカルト的に別記事でアップします。

天から見ると地が悪魔であり、地から見ると天が悪魔ってことね。
我々が教えられて来た有史以降の歴史は、天が地を支配してきた履歴です。



↑ タバコ畑


話をタバコに戻しましょう(・∀・)ノ

タバコは一般的にアッパー=覚醒剤に分類されますが、もともと脳が興奮(覚醒)している状態でタバコを吸うとリラックスさせる効果があり、逆に弛緩している時には覚醒させる作用がある。極端な脳の状態をニュートラルに戻す効果が確認されてます。

その一方で、一般的に知られるところの害があるのもまた事実。
繰り返しますが、絶対的な毒も絶対的な薬も有り得ません。
「タバコの解毒作用だけでイイのにぃ〜」とか都合のイイ話。

よく大麻の工業製品転用だけに理解を示す態度で、その酩酊作用=飛びの部分だけを糾弾する人がいますが、これも敢えて言わせてもらうのならば傲慢以外の何ものでもない。全部セットだっつーの。

「アナタの容姿も肩書きもファッションセンスも認めるけれど、どうにもその声色だけは許せないのよね。だから喋るな。もしくは喋れないように声帯を潰す手術をしてね」と言ってるのと同意です。シューキョーを否定しつつその得体の知れない神モドキを崇拝するのと何ら変わりません。自らに都合の良いところだけを勝手に取り上げる事で生じる大いなる矛盾。

そうやって一部の人間に都合が良いように、麻黄から覚せい剤を作り、次の世代が無いF1品種を作り出して来たんだな。

いや、別にナチュラルを全て良しとしてるわけじゃないんですけどね。
また脱線の暴走w


タバコなんて百害あって一利無しですよ〜、と世間は言う。
いやね、14歳からタバコ吸い始めて一度も禁煙したことないんですけど、一度だけ禁煙しようと思ったことがあったんですね。そんなタイミングでやってきた嫌煙ブーム。こりゃあ何かあるなと思って禁煙止めました、ははは。アマノジャク万歳!まぁ、うちの死んだ婆ちゃんの妹も、もう90歳過ぎてるんだけど、セブンスター1日一箱だもんね。

最後にこれ貼っときます。

■添加物情報 | JT ウェブサイト
http://www.jti.co.jp/corporate/enterprise/tobacco/guidelines/additive/

表示されてる無添加ってのを鵜呑みにしてないけど、アメスピイイね。
zacky | ・新型インフルエンザ関連 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
タバコをまともに喫ったことがなかったのですが、
飛びますとは…という言葉に好奇心がわいて
試してみたいと思います(はっ!危ない?)
いやインフルがなにか普通のものではないよう
なので、私なりに気長に対応していきたいと
思っています。(うむ、まともだ)
しかし写真のようなかっこいい水パイプが
なかなか見つかりませんね。

そうゆえば、エキネシアも愛用させていただいて
いますよ。


| オキクルミ | 2009/10/06 8:17 PM |


止めたほうがイイですよ、タバコなんかw

「水パイプ」と言っても、その昔の「水キセル」と同じモノです。
キセルは一服で火皿に乗ってるタバコの葉を全て吸いきるというのを、
ここに追記しておきますね。要は燻らせるモノではないんです。
簡単に言えば二服目以降は不味いですから、
一服で吸いきる量を火皿に乗せて全部吸いきるようにしましょう!

パイプは札幌狸小路の「中川ライター店」にあるんじゃないですかね?
もしくは「水パイプ 大麻」とか「水キセル」とかでググって見てください。
なんせ「大麻」を絡めてググればカッチョいいの見つかるはずですよん。

このパイプはどこで買ったっけな?
札幌狸小路一丁目の雑貨屋だったような。。
| z@cky | 2009/10/07 11:48 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/882
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM