07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 「クレヨンしんちゃん」作者の臼井儀人が金曜日から失踪 | main | 壊される石像,盗まれる仏像,燃やされる寺社 >>
ENTRY TOP
「感染疑い」でも治療薬投与を…厚労省通知


↑リレンザ(ザナミビル

↓このようにタミフル投与してもリレンザ投与してもバンバン死ぬので、
http://lucky2zacky.jugem.jp/?eid=875

↓14人目の死者は投与されなかったと報道し、

新型インフル:小6男児が死亡 ぜんそくの持病 横浜

 横浜市は17日、新型インフルエンザに感染した同市都筑区の市立小6年の男児(12)が同日夕、入院先の市内の病院で死亡したと発表した。気管支ぜんそくの基礎疾患があり、死因は脳内出血とみられるが、インフルエンザウイルスとの関連は不明という。男児はインフルエンザ脳症には罹患(りかん)していなかった。3日未明からウイルス性心筋炎の治療のため集中治療室(ICU)に入っていた。厚生労働省によると、国内の新型インフルエンザ感染者の死亡は疑い例も含めて15人目、未成年の死者は初めて。

 市によると、男児は2日午前、39度台の発熱と嘔吐(おうと)を訴え、近くの医療機関を受診した。簡易検査では新型インフルエンザ陰性だったが、気管支ぜんそくの症状があり、医師の紹介で別の病院を受診。熱が37度台に下がったため帰宅した。

 しかし、翌3日に熱が40度に上がり、再受診して心筋炎と診断された。この時も2回の検査で新型インフルエンザ陰性だったという。

 だが、血液検査の結果、10日にA型インフルエンザ陽性と判明し、14日夕に市衛生研究所の遺伝子検査で感染を確認。17日夕に死亡した。タミフルやリレンザは投与されなかった

 投与しなかった理由について、市は「発症から感染確定まで48時間以上経過しており、効果がないと判断したのではないか」と話している。

http://mainichi.jp/select/science/news/20090918k0000m040106000c.html

↑集中治療室に入ってたのならば、何らかのクスリ(=毒)を投与されたのは明らかで、

↓間髪入れず「疑わしくとも必ず治療薬を投与するようように」とお達しが、

「感染疑い」でも治療薬投与を…厚労省通知

 新型インフルエンザに感染して死亡した横浜市の小学6年の男子児童(12)がタミフルなどの治療薬を投与されていなかったことを受け、厚生労働省は18日、感染の疑いがある患者については、感染が確定していなくても医師の判断でタミフル等の治療薬を投与できることを改めて周知する通知を都道府県などに出した。

 横浜市などによると、男児は2日午前、高熱を出して医療機関を受診、簡易検査を受けたが陰性だったためタミフルなどの投与を受けず、翌日になって容体が悪化して入院した。

 一方、国立感染症研究所は同日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査で、最新の1週間(9月7日〜13日)の新規患者数は1万5382人で、1医療機関あたりの新規患者数は3・21人だったと公表した。前週(8月31日〜9月6日)の2・62人からは0・59人増。全国の新規患者数は推計約18万人で、前週の約15万人からは3万人増えた。大半は新型インフルエンザの患者数と見られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000949-yom-soci



no-more wakuchin
zacky | ・新型インフルエンザ関連 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
今度は陰性でもタミフル投与ですか。また戦争屋の極悪ラム爺どもが儲けますね。ラム爺もナチスのI.G.ファルベンに繋がるし。
厚労省はだんだん本性を出してきて731のフロントになってきていますね。
↓感染研は731の体質を受け継いでいますもんね。
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/112.html
| ちょここ | 2009/09/19 12:35 AM |



「数量限定どうぞお早めに。万が一売り切れの際はどうかご容赦ください」ってか?


【9月19日 AFP】インフルエンザA(H1N1)による死亡者が増えているなか中、世界保健機関(World Health Organization、WHO)のマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は18日、ワクチンの製造能力は当初見込んでいた水準を下回っており、数量が不足する見通しであることを明らかにした。
 5月時点でWHOは、ワクチンを全面生産した場合の1週間の生産量を9430万回分と予測していたが、現在ワクチンを生産している約25社の1週間の生産量は9400万回に達していないという。
 WHOは、2010年のワクチン生産量は予測されていた49億回分より相当少なくなるとみている。
 WHOによると、4月にメキシコで新型インフルが確認されて以来、18日までに世界で少なくとも3486人の感染者が死亡している。北半球が秋に入るのに合わせ、新型インフルの感染拡大が予想されている。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2643608/4622478
| z@cky | 2009/09/19 2:38 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/878
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM