[ここは広告枠1]
[二行表示か画像]

ソノトキガクレバワカルコト トドマラズニ

Michael Jackson and Vitiligo - マイケル・ジャクソンと尋常性白斑症 (和訳付)
2009/07/22 水 20:13
zacky

コメント

私の妄想としてマイケルの白斑病は、ひとつの可能性として“仕組まれた”ものではないかと思っていましたが、可能性はあるのではないかと思います。昔からあるような病気には思えなかったからです。
原因不明の難病「自己免疫疾患」というのは、エイズなどの生物兵器に共通しています。エイズは1978年、突然流行を始めます。日本での第一号認定は1987年1月17日(サタニストデー)です。
マイケルも1980年代に発症したようですが、白斑病は今では日本でも増えてきているようです。
1992年頃から、大量死に繋がるような白斑病ウィルスが、多くの動植物で増えてきています。
私の脳内では、マイケルはウィルスを仕込まれたのではないか、という妄想が消えません。。
| ちょここ | 2009/07/22 23:51 |

マイケル・ジャクソンの1993年の性的虐待疑惑では性器の白斑が問題となっており、警察が公式に病気であると認めている以上、間違いないと言って良い。(wikipediaより)
…マイケルの性器は写真も撮影されており、このデッチアゲられた性的虐待疑惑は、マイケルに仕込んだ白斑病の経過観察の記録の為に、彼の性器を含む全身の資料を残す為に作られたのではないでしょうか。奴らにしてみれば、病気を仕込んでから経過が知りたい頃なので、事件をデッチアゲたのではないでしょうか。
やはりマイケルの尋常性白斑症は、仕込まれて人体実験にされていたとしか思えません。。
| ちょここ | 2009/07/24 13:57 |



死の直前にマイケルの顔と首に皮膚ガンが見つかっていたようです。
ウィルスの可能性もありですが、最新型電磁波兵器カモです。
いずれにしても自然発生的な病とは思えないね。
| z@cky | 2009/07/25 21:40 |

[*]back | [0]記事に戻る | [#]next

[:5:]コメントする

[ここは広告枠2]
[二行表示か画像]
[ここは広告枠3]
[二行表示か画像]

管理者(zacky)のプロフィール
[:7:]友達にメールする
[:8:]管理者ページ
[:9:]JUGEMトップへ

リンク集
カテゴリ表示

月別の記事表示


◆JUGEM 検索◆

ブログ着うた

[JUGEM]
(c)paperboy&co.