10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

This site kills fascists. The time will come, and you'll see it. Don't stay put.
<< オレ#034 | main | Love Jets - 宇宙大シャッフル >>
ENTRY TOP
七夕に我想ふ、そもそも「下」ってどっちなのさ?

↑ Milky Way = 天の川銀河の想像図、「←Sun」つーのが我らが太陽の位置

ところでこれは上から観た図ですかね?
そもそも「宇宙に上とか下とかない」と教えられたはずなんですがね

本日、クルマのトランクを整理してたら黄色いテニスボールが出てきた
ウィンブルドンの決勝を終えた翌日に何とタイムリーなこった
これは去年の秋口に
小樽の海でハシモト君とキャッチボールした時のモノだね

↓ こん時

少年野球で変化球を投げすぎて肘を壊してしまったボクは、
野球どころか肘の手術をした15歳で球技は全滅、
遊びでテニスボールでのキャッチボールさえもままならない
でもさ、こういった時には左の手で投げるんだ(←星飛雄馬or茂野吾郎)
右利きだと周りに認識されてる中で左手を使うのは
なかなかカッチョイイし心地イイもんだよ

投球フォームはなかなかサマに成ってると自分では思ってるんだけれど
30メートルも離れてしまうとハシモト君まで届かない
勢いがないボールは引力に負けて途中でポトリと「下」に落ちてしまうのよ

下?足下が下なのか?下が下?落ちるほうが下?
ボールは下に落ちる

ここで仮に、イチロー選手を連れてきて、
海に向かって硬球を思い切り投げてもらうとしよう
それでも間違いなく、水平線の遙か手前でそのボールは落ちるんだ
ボールは下に落ちる

じゃあ今度はイチロー選手にヱヴァンゲリヲンの
十数倍くらいに巨大化してもらってから再チャレンジしてもらいましょう
硬球だと小さ過ぎるし軽すぎるから、
そこに停めてあるボクのクルマ(愛車=可憐タン)でも投げてもらいましょうかね

い〜やっ!
今度は落ちない、つか落ち続ける
ここに「人工衛星可憐タン」誕生(前代未聞)

ってな訳で、人工衛星は地球に「落ち続けてる」わけだ
月は地球を回り続けてる、言い換えれば落ち続けてる
って事はヤッパリ落ちるほうが「下」ってわけね

ここで「ちょっと待った!」と声をあげるのは月に帰還したかぐや姫
「月が地球に落ち続けてるっつーより、落ち続けてるのは地球のほうよ」
それはごもっとも
アンタの立場で見ればアンタが正しい
なんたって「下」っつーのは自らが住まう星の中心ですからね

でもね、大きいとか小さいとかの問題じゃないのよ
地球も月も互いに落ち続け回り続ける連星
二つ仲良く太陽に落ち続けてるわけだからさ

イメージ的には落ちてると言うより廻ってるって感じですね
と言うか、縦からより横からの想像図を皆が見せ続けられて来た
地球は月と共に太陽を廻ってる、しかし落ち続けてる

その太陽系ですら全体で何かに落ち続けてる
上の想像図にあるように回り続けてる、らしぃ
って事はだよ
夜空に浮かぶ星々は全てどこかに落ち続けてるってわけね

落ちる、廻ってると言うか螺旋を描いてる
周回は12で輪廻だけど、螺旋は13で解脱だ
西洋で13を忌み嫌う理由は正にこの一点にある
12の次は1に戻り永久に周り続けろと言うわけだ

辰に昇華したのにまた蛇からやり直しなんて…そりゃあ無いぜベイベェ

螺旋は上から見ると上昇か下降かは計り知れない
しかし上か下かの収束に向かうからこその螺旋だ
視点を変えるからこそ円を螺旋と捉えることが出来て、
見方を変えると上昇にも下降にも右回りにも左回りにもなる
#神と悪魔もこれと似たようなもんじゃないでしょうか?
#単に視点や立場の違いに過ぎないんじゃないでしょうか

と、与えられた疑似科学で考えるとこんな感じだろうけど
ホントに星はどこかに落ち続けてるのか?
星は浮かんでるって言うけどホントにそうか?

ここで地球に戻りましょう

日本が極東と言いますがね
太平洋は無しかい?ハワイは無視かい?
「極極東の島ハワイ」、だ
更に東に向かうとアメリカ西海岸
ならば西海岸は西じゃなくて東だな
カリフォルニアを日本から見ると極東だからね

東も西も似たようなもんだよ
例えるならばコカコーラとペプシコーラみたいなもんだ
調味料で言うならば、甘みを引き出す塩みたいなもんかね?

善を極めりゃあ悪と成す
神と悪魔だって上と下みたいなもんだ
回ってると見るか落ちてると捉えるか程度の違い
そんな程度で大差はない
大差がないものに皆が振り回され過ぎだ
右往左往とはホントに良く言ったモンだ

寄り添うキミは左側
右手でイロイロと悪戯出来るって寸法だ
そしてキミから見るとボクは右側だ

彦星はいつも右手には居ない
彦星は織姫の対岸

天の川にかかる水車は右回り
向こう岸の姫からみるとそれは左回り

織姫もね、無理に天の川を渡ろうとしないで
ここは奇をてらって川の反対側に向かえばイイんだよ
見張りの隙をみてクルッと振り返り川を背にして猛ダッシュだ

加速を続け光速を超えMilkyWayの手前に見えてきた影
あれ?
それは彦星じゃなくて自分の背中だったのでした(・∀・)ノ

ためしに一度こっち側に来てみないかね?
いや、やっぱりボクがキミの側に向かってみるよ
なんたって明日は七夕なんだしさ


七夕 伝説 .. 星座
http://www.yumis.net/tanabata/

zacky | ・現世(うつしよ)の不可思議 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/805
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM