08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 「真夜中のzacky通信」2009年初夏、外呑みの季節が到来号 | main | RCサクセション- Baby逃げるんだ (at Budokan,1983) >>
ENTRY TOP
ファシオロプシス・ブスキー+プロピルアルコール=ガン
↑ 腸内吸虫“ファシオロプシス・ブスキー”成虫の前端部分

それはとても単純な図式、『がん患者が増えればガン産業は儲かる』のですよ


その子供は小児喘息でした

昼間ともだちとウルトラマンごっこをすればゼィゼィ、
夜、押し入れの上からライダーキックの練習をすればヒィヒィ、
ちょっと体調がイイからといってもその子供は喘息持ち、
息が上がるような“ごっこ”をすると必ず発作が起こるのは分かっている
分かっているのにまた同じことを繰り返す
だってショウがないじゃないか
その子供はなんせまだ子供なんだし、
しかも“落ち着きのない子供”だったんだからね

その子供には主治医がいました
たなか小児科医院の田中先生です

その子供の発作が起こると母親は「たなか病院」まで走り、
田中先生は夜中だろうが早朝だろうが診療時間関係なく、
白衣を身に纏い重厚な黒いカバンを抱え自宅までやって来てくれました
そしていつものように黒いカバンから銀とガラスとゴムで構成された
お医者さんセットを何点か取り出すと
おもむろにトントンと問診をしてから吸入器をその子供にあてがい
ガチャガチャとぶっとい注射の用意を始めます

するとその子供はスルリとパンツを下げ、お尻をたなか先生に差し出します
ブスッと注射を打つとまた、ガチャガチャと素早く道具を黒いカバンにしまいこみ
「お大事にぃ〜」と先生は病院(家)に帰って行きます。

……あー息がらくになってきた
たなか先生どうもありがとう
せっかく寝てたのにボクのせいでゴメンね
ボクが騒いで発作起こさなかったら家で寝てられたのに
病院が開いてる時間じゃなくてどうもゴメンなさい

自分が喘息じゃなかったら先生も夜にこなくてイイのにね
喘息とか風邪とか病気がぜんぶなくなってしまえばイイのに
そうしたらお医者さんも忙しくないのに
あれ?みんな病気じゃなくなったら先生はヒマだな
誰も病気にかからなくなったら先生は?
あれ?

あれ?

あれれ〜?



戦争を起こし続けないと軍需産業が成り立たないのと同様、毎年インフルエンザに感染したり癌患者が増え続けてくれないと製薬産業もガッパガッパ儲けられないもんな、ラム爺さん。


以下、ハルダ・R・クラーク著「The Cure For All Cancers - ハーブでガンの完全治癒」(絶版)より抜粋引用

ガンは治療されるものではなく、治癒されるべきものです

ガンの「治療」ではなく、「治癒」について考えることに、我々は慣れていません。我々はガンが軽癒することすら、たんなる可能性としか考えていません。しかし、この本はガンの軽癒について書かれたものではなく、完治について書かれたものです。ガンの完治が可能になったのは、1990年に私がガンの「真の」原因を発見したからでした。その原因とは、ある種の寄生虫です。つまり、肺ガンは喫煙から引き起こされるものではありませんし、大腸ガンは食物繊維不足が原因で起こるものではありません。また、乳ガンは脂肪過多の食生活から、網膜芽腫は遺伝子の異常から、膵臓ガンは過度の飲酒から起こるのではないのです。ひとたび真の原因が発見されれば、ガンの治癒法は明白になります。しかし、この治癒法は本当に有効なのでしょうか。私は、私の発見を公開する前に、100の症例が治癒される事を目標にしました。その基準が達成されたのは、1992年12月でした。すべてのガンの原因と完治法の発見は、時間のテストに耐えたのです。その結果がここにあります。


ガンの原因

ガンはほかの病気とはまったくちがう病気なのだと、我々は長年にわたって信じてきました。ガンはまるで火事のようなもので、一度ガンになったら絶対に進行を止められないと、我々は信じてきたのです。ガン細胞は二度と正常な細胞には戻らないのですから、我々はガン細胞を切除するか、放射線を照射するか、化学的に破壊するしかないというのが、従来の考え方です。しかし、これほど間違った考え方はありません。また、白血病やガンなどの異なった種類のガンは、異なった原因から起こるのだと、我々は信じてきました。これもまた間違った考え方です。ガン細胞は、悪性腫瘍と呼ばれる特別な性格を持っていると考えられています。この考え方は、研究室でガン細胞を培養したときに、普通の細胞が一定の秩序に従って、発生、成長、変異して、悪性腫瘍になるという科学的実験に基づいています。悪性腫瘍への変異は、不可逆性のものです。その組織はいまや「悪性腫瘍化」したものであり、もとの正常な組織には戻れないとされています。しかし、このような現象が本当に人体の中でも起きているのでしょうか?疑問に思えます。


本書の読者は、全てのガンが似たものであることを見いだすでしょう。ガンはすべてある寄生虫が引き起こすのです。それはただ一つの寄生虫です。それは人体の腸内に寄生する吸虫です。そしてもし、この吸虫を駆除できれば、ガンは即座にストップできるのです。ガンになった組織は再び正常な組織に戻ります。あなたがガンになる時には、体内にこの寄生虫が必ず存在しているのです。


ファシオロプシス・ブスキー

通常、腸内(十二指腸、小腸、大腸)に寄生していて、腸内に留まっているかぎり、ときおり大腸炎、クローン病(限局性回腸炎)、過敏性腸症候群などを引き起こしたりはしますが、ほとんど人体に害を与える事はないです。

しかし、もしこの吸虫が子宮、腎臓、肝臓などの腸内以外の器官に移動すると、それは大きな害になります。そして、もし、この吸虫が肝臓に定着する事になると、吸虫はガンを引き起こします。吸虫が肝臓に定着するのは一部の人々だけです。この一部の人々とは、体内にプロピルアルコール(イソプロピルアルコール)を持っている人々です全てのガン患者(100%)は、その肝臓にプロピルアルコールと吸虫を持っています

この寄生虫/吸虫の学名はファシオロプシス・ブスキーといいます。
この吸虫は木の葉のように扁平な形をしています。


いくつかの成育期を経て成虫になります。

〜卵〜

成虫は数百万の卵を産みますが、産み落とされた卵は人間の排泄活動によって人体から排出されます。卵を産んだ成虫は、その後も腸内に留ります。(成虫が肝臓に留ればガンを引き起こし、子宮に留れば子宮内膜炎を、胸腺に留ればAIDSを、腎臓に留ればホジキン病を引き起こします)

人間は時々腸内に小さな傷を受ける事があり、そこから顕微鏡サイズの吸虫の卵が血管に入り込む事が起きます。(吸虫以外の寄生虫の卵も、このようにして血液中に入り込みます)



〜幼虫・ミラシディア〜

一部の卵は、腸内や血管の中でふ化します。顕微鏡的サイズのふ化したばかりの幼虫をミラシディアと呼ばれます。鞭毛があり、泳ぎ回ります。肝臓は、ミラシディアを含む血液が肝臓に届いた時、卵やミラシディアを殺そうとします。肝臓が正常に動いている人体の中ではミラシディアは生き残れません。

しかし、体内にプロピルアルコールを持っている人は肝臓はミラシディアを殺せなくなります。そして、爆発的に増える事になります。


〜レディア生産〜

ミラシディアはレディアと呼ばれる小さな球体を自分自身の内部に作り始めます。一つ一つのレディアは生きており、レディアはミラシディアから飛び出して、増殖を始めます。40匹のレディアが、それぞれ40匹のレディアを作る事ができます。

吸虫ファシオロプシスは数百万の卵を産み、大量のレディアを生産します。

無数のレディアは血中に流れ出し、至る所に着床します。喫煙者の肺、良性腫瘍のある乳房、重金属でいっぱいの前立腺などは、レディアが好む組織。




〜レディアがセルカリアへ〜

レディアは尾が生え、再び泳げるようになります。セルカリアは吸着する器官を探します。「さなぎ」になるためです。



〜メタセルカリアから成虫へ〜

「さなぎ」化した吸虫はメタセルカリアといいます。
人体中のプロピルアルコールがさなぎの強力な外皮を溶解させるのか?吸虫の最後のバリアを取り除き、成虫になります。


そして、本来は侵入できるはずのない肝臓に、成虫が定着する事で人体の防御反応か、オーソホスフォチロシン(ガン化の標識のひとつ)、腫瘍因子が発生し、細胞を無目的に分裂させます。分裂に分裂を重ねていきます。これがガンです。

以上

次の記事で具体的な“ハーブでガンの完全治癒方法”をアップします。

この記事&次回記事と重複しますけど、関連リンク

■ガンからの生還法のヒント

■『ガンは寄生虫が原因だった』

その他関連リンク

ファシオロプシス・ブスキーの画像をもっとググってみる

■小泉政権の「がん患者倍増計画」<疑惑の抗がん剤> 国際評論家小野寺光一
http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/287.html



余談ですが、田中先生はその数年後“癌”で亡くなられました。

言うまでもなく、大部分の医師や看護師は患者さんのためにベストを尽くしてはくれるのですが、現代の殆どの医師が、自ら癌にかかっても抗ガン剤の投与を頑なに拒否するのもまた事実です。

もはや末端の医師や看護師がイイとか悪いとか、現代医学を盲信する癌患者が悪いとかって問題じゃなく、そういった現代の「システム」なんです。ロックスターが踊りファンがキャーキャー追い回すのと何ら変わらない、“金”を生み出しピラミッドの頂点まで送り届ける壮大なギミック。決して達観してるわけでも絶望してるわけでもなくてね。

誰かが悪魔とか悪党とか血眼になって戦犯を探し特定して祭り上げるよりも、そういった、奴らが作り上げ与えられて押しつけられてきた現代のシステムを放棄した後に、どのような世界が理想的なのかもっと深く考えてみたいと思います。

で、そこのキミ。
良かったら一緒にどうだい?
大事なのは知識じゃなくてイメージなんだ。
zacky | ・病と健康 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
ブスキー? ブースカじゃなくて?
なんだコイツ、こっち見てるよ、オイ!

ママンさんが走って呼びにいった【たなか小児科医院の田中先生】に「ブスッと注射を打」たれた子供ちゃん、の秘密基地(自分は電波塔のイメージなんすが)に、すっかり吸い寄せられた、たゆたうワタスっす。

| ケロ | 2009/07/02 10:21 PM |
ああ、もしかして
サナダムシとかが免疫力を高めるとか言う話は嘘で
この寄生虫を食べちゃうのが本当の効果だったりして。
で、医薬利権の方々はそれでは困るので
子供に検便させたりして益虫(?)の除去に取り組んでいるとか。。。
| kiri | 2009/07/02 11:13 PM |
レントゲン検査は基本的には原爆と同じ放射線であり、身体に悪いという事は一般によく知られている。害のない検査はない。最悪の場合、医療検査で死ぬ事がある。医療検査には、健康な人に病気を造りだしてしまうという害がある。定期検診を受けると早死にするという説もある。 医者がストライキをすると病院の死亡率が下がるという報告もある。と近所の主治医(獣医さん)も言われていました。
それに、そもそも抗癌剤はマスタードガスですもんね。強烈に苦しむワケだゎ。

それにしても、、てっきり癌はウィルスだとばかり思っていました。SV40はポリオワクチンに混入されていましたし。。
でも、これで事故米アフラトキシンの謎が解けました。ありがとうございます。
農水省が「極力主食用に」と通知していた、去年話題になった事故米のアフラトキシンは 外務省も「生物兵器」と認定しているもので、発癌率100%と言われ、地上最強の天然発癌物質とされています。輸入飼料を食べている牛の乳からもアフラトキシンは検出されています。そして肝臓癌の増加も、事故米の流通に比例しています。
穀物系のカビの毒性は古くから生物兵器として研究され、中世ヨーロッパで何度も流行させていました。

そのアフラトキシンが肝臓内に存在することで、プロピルアルコールは解毒されることなく どんどん蓄積していくそうです。。
| ちょここ | 2009/07/03 10:25 PM |



テレビニュースでは「タミフルが効かないインフルがどうの」とか、今更しつこいくらいに国民を煽ってる。ホントに大事なニュースはMJの動画に差し替えられてる。シャミントーの党首が未だに発言枠を与えられてる。もう末期症状だ、最後の悪足掻きだよ。

今夜のオカズは目刺焼き。少し焼きすぎて焦げが付いてしまったけど、それはそれで美味しいわけだ。焦げが癌の原因だと教えられたこともあったっけ。何だかそれも遙か遠い昔のような気がするし、昨日のような気もする。

>てっきり癌はウィルスだとばかり思っていました.

自分もそうでしたよ、イマーノさんの49日過ぎ辺りまではね。この記事って何だか「前からそんな事知ってましたよ〜」に見えるでしょ。チッチッチ、違います違います、ここ最近辿り着いた情報なのです。

初めは隠謀論者ヨロシク「喉頭癌?アフラトキシンとか毒盛られて暗殺されたな。よ〜し、このオレが証拠を掴んでみせる!」とかだったんですけど、新しく見つけたお天気な公園でRC聴きながらイマーノ本読んでたら、そんな気持ちがすっかり失せてしまって、あれ?そもそも普通の癌のメカニズムってあまり解ってないな自分、ってのが始まり。ホントにもう、どうにも知らないことばっかりだよ。知れば知るほどムチを知る、ムチムチな太モモを初夏に観る。

切っ掛けはイマーノさん、この記事のアップまで辿り着けたのは、コメントを投稿してくれたり、このブログを読んでくれてる皆さんのお陰です。どうも有り難う、海より深く感謝します。

サナダムシ含んだ寄生虫は更に深く調査中、ブースカは40年以上前に調査済w

切っ掛けはイマーノさん。
タイムパラドックスなんて話以前に、
この情報をたぐり寄せる切っ掛けを与えてくれた当事者に…とか考えてもショウもあるめぇ。
今夜も師匠の歌を聴ききながら、このコメントをタイプしてるんだぜ。

上を向いて歩こう!
| z@cky | 2009/07/04 1:20 AM |
こんばんは!
腸炎検索してて、この記事発見しました。
キモイ虫ですね。やだなー。
ハーブで治るんですか?
勉強します。。

ぜひ、部分転載させて欲しいです。
ガンの治療に取り組んでる知人がいまして、、ヒントになるかもと思います。
| すぎ | 2010/03/21 1:03 AM |


>ぜひ、部分転載させて欲しいです。

どうぞどうぞ。
転載でもリンクでもドンドン行っちゃって下さいな(・∀・)ノ
| zacky | 2010/03/23 11:11 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/800
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM