07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< ロマンチック・ブレイン - 受信機&発信機としての「脳」 | main | 忌野清志郎 - Oh!RADIO >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
“神の眼を司る”イカの眼


昨日アップした記事に関連してもう一発。
イカ……でなくて以下転載w


昔から、多くの哲学者は、イカにコロリと
参っていたそうです。それだけ、イカには不可思議な魅力があるのでしょう。
まずは、イカは軟体動物。
フジツボと同じように、
何億年前から地球に存在する我々の大先輩。
しかし、貝類と違って、外側に硬い殻をつけていない。
岩に張り付いてもいないし、海底を這い回ったりもしていない。
いわば、無防備にやわらかい体をさらしている、なぜ??
あの目は、人間と同じような高性能。
虹彩、焦点調節可能なレンズ、
色やパターンを認識できる網膜まで
備わっている
つまり、他の動物より優れた視力の持ち主なのです。
しかし、しかしです!
その複雑な眼球とはまったく異なり、
脳の構造は、あまりに原始的で単純。
ということは、目から入った膨大な情報を自らの脳で
処理することが不可能
この何たる矛盾。
では、一体その情報はどこへ行くのか?
それとも、地球を観察しているだけ?
この矛盾に答えるには、イカは自分のためではなく
誰かのためにその膨大な情報を提供している?
それは、地球そのもの?
私たちがまだ知らない、大きなネットワークに繋がっている?
そう考えれば、とりあずイカの目のなぞは解けるような気がします。
数万という群れを成して、地球を映し出し、
それを、どこか知らないところへ送っている。
なんだか、イカの目にいつも見られているような感覚が
押し寄せてきました。
動物も植物も、そして人間も生み出した地球。
その存在の奥底には、ある知性が同じように潜んでいるのかもしれません。
それを、人類学者たちは、「イカ的なもの」と定義しています。
この「イカ的なもの」は、きっと無意識の奥底に眠っていて、
私たちはそれに気づいていない。
しかし、その「イカ的なもの」が、言語と違って
イカのようにやわらかく流動的に思考しているとしたら、
その思考と出会ってみたいと思うのは私だけではないでしょう。
自分の中の「イカ」。
そして、「イカ」に見つめられている。
そこに、愛、戦争、平和の源が在るのかもしれません。
もう少し考えて見ます。 


以上

【転載元】
「イカの哲学」イカの目 (関橋英作の人生はクリエイティブだ)






死んでもこっち視てます



捌かれてもまだこっち視てます


高機能とか脳との絡みもそうだけど、デカ過ぎでしょこの眼
これまで延べ500パイ以上は捌いてるはずだけど、
いつもその間視られてる、つかイカと見つめ合ってるアタクシ

zacky | ・雑多にオカルト科学ネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM