06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 「真夜中のzacky通信」更新途切れて事後報告号 | main | 忌野清志郎 - 人間のクズ >>
ENTRY TOP
リヴァー・フェニックスの死因に関する考察


以下、某掲示板より拾いモン


リヴァーの死因は麻薬中毒ってことになってるけど、こう考えている、いや確信を持っている。これは「麻薬中毒死」に見せかけた毒薬物混入の暗殺だったのではないのか、と。あえて私なりのうがった見解をここで提起しようと思う。


彼が生粋のベジタリアンなのはよく知られているが、来日した折も自然食レストランに足をのばすなど、動物性のものはダシ汁からすべて一切口にしない、といったほど徹底していた。そんな彼が麻薬に手を出す?


だが百歩ゆずって麻薬に手をつけていたにせよ、共演者のサマンサ・マシス、弟リーフ、妹レインといっしょに飲んでいる席上で、急になぜあのような理不尽な死に方をしたのだろうか? 本当に彼はドラッグを吸引・服用していたのだろうか?


本当に致死量の薬物をほしがるほど中毒症状だったのだろうか?

しかも彼の遺作となった『ダーク・ブラッド』がまだ撮影期間中であったにもかかわらず、である。いったい彼のドラッグ常用を、そのとき現場にいた人たち、また友人や家族の人たちは目撃したことがあるのだろうか?


さらにはJFKの検視が捏造であったことからして、今度のロス保安当局による検視は本当に信用のおけるものだったのだろうか?

 

リヴァーは俳優業ばかりでなく政治的なアクションにかなり執心していた。反戦平和集会、アムネスティ・インターナショナルの人権活動、ソロモン諸島の熱帯雨林保護キャンペーンといった自然環境保護など。彼自身、パナマとコスタリカの国境沿いに800エーカー(100万坪)の森を購入し、それを国家の永久自然公園にしようとしていた。


またPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)への支援活動を通じて、「動物実験」にも強く反対をしていた。「動物実験」から連想されるのはいみじくも「生物兵器創造」である。今後、めざましいバイオテクノロジーの分野において「動物実験」は欠かすことのできないものとなる。おそらく「動物実験」を活性化したい勢力にとって、リヴァー・フェニックスの存在はきわめてジャマなもの、と映って見えていたはずである。


そのリヴァー・フェニックスは歳若くして社会的な問題意識を持ち、かつ政治的にもめざめていた。今となっては何を言っても遅いが、そのことが彼の人生にとって命取りとなってしまった気がする。死ぬ少し前、彼はインタヴューでこんなことを答えている。


──君にとって、アメリカとは何?


「アメリカだけじゃなく、世界は政府の多国籍間協力でつながった、三大勢力に支配されているんだ。それが国境を引いたり、人を戦争に駆り出したりするのさ」


──自分が大事にしていることって何? 


「世界全体に影響を与えたり、関係してくる出来事や状況かな…。自分のキャリアより、世界の出来事の方が、大事な問題だよ。


そういう話をつきつめて考えると、健康な惑星に住めなきゃ、俳優業なんて何の意味もないよ。今、地球はとてもデリケートな状態にあるんだ。


本来一番優先されるべきことに、人間はあまり興味を持とうとしていないし、システムも、期待ほどうまく働いてないからね。この通り、状況は悲惨だけど、僕は決して希望を捨ててしまってるわけじゃないさ。ただ言いたいのは、僕らひとりひとりが、この惑星での生活を、少しでもマシになるよう気にし続けることが大事だと思うんだ。それには、僕だけじゃなくて、ひとりずつの責任が問題になってくるね。


今、我々みんなが将来の悲惨な状況の可能性を真剣に話し合えば、もしかしたら、今からでも回避できるかもしれないんだしね」



このような思慮深い潔癖な人間が、思想信条を自ら裏切って、似ても似つかぬ麻薬中毒に陥るとは到底考えられない。そもそも彼は「煙草も酒も好きじゃないし、薬なんてアスピリンにさえ触ったことないよ」とはっきり断言していたし、麻薬におぼれるほどに「希望を失って」もいなかった。


まして不審な点だらけであっては、「麻薬の過剰摂取による事故死」などとすんなり受け入れるわけにはいかない。むしろ彼の精神(スピリット)と相容れない、彼の言動やライフスタイルと矛盾した不自然な死に、ダーティーなレッテルをはって彼を葬ってしまおうという巧妙な暗殺の手口さえ気配を匂わせる。




死因は、カリフォルニア州ウエスト・ハリウッドのクラブ「ザ・ヴァイパー・ルーム」でロックのライブステージに出演し友人らと飲み明かしていたとき、突然喘ぎ出したかと思うと、七転八倒のたうちまわってよろけながら店を出たところで卒倒、意識不明のまま病院に運ばれたが、回復の見込みもなく50分後に死亡が確認された。


見知らぬ客とも意気投合しては飲み物を振る舞ったそうであるから、お返しに客を装った暗殺者が毒薬物混入のドリンクをリヴァー・フェニックスに振る舞った、もしくは気づかれないようにさりげなく混入したとも十二分に考えられる。

 

それにである。

彼には殺されてもおかしくない合理的な理由というものが必要充分にある。きっといつか必ずや誰かが、リヴァー・フェニックスの死因に不審を抱き、真相を究明してくれるであろう。そうでなければ、彼の死が無念にすぎる。


今あらためて、遺志となってしまったリヴァー・フェニックスのメッセージを、彼に代わって書き留めることにしたい。

 

リヴァー・フェニックスとはもうスクリーンの中でしか会うことはできない、けれど君は、「不死鳥フェニックス」として私の心の中にずっと生き続けよう──



(付記)


リヴァー・フェニックスの伝記本『リヴァー・フェニックス 翼の折れた天使』(ジョン・グラット著、キネマ旬報社刊)が1996年に上梓された。しかしこの伝記本は、とんだ噴飯物であった。もしリヴァー本人がこの本を読んでいたら、「なんて下らない、いい加減な本だ」と憤慨したことだろうと私には想像できる。しかしこの本を読んだ多くの読者には、間違いなくリヴァーに対する「誤った認識」をされてしまうであろう。それがとてもくやしく残念でならない。たとえば、序章にこんなことが書かれている、


「神の子供たち」の教えに従い、リヴァーが4歳にして教団メンバーからセックスを教えられたことは間違いない。セックスによって、子供は、時代遅れと考えられる道徳観から解放され、同時に人生をより愛するようになる、と教団の指導者は説いていた。だが、リヴァーはこのために、生涯、性的混乱に苦しむのである


とんでもない。リヴァーは否定しているのだ。あるインタビューで、「4歳で童貞をなくしたと『ディテイル誌』に告白して、新聞各紙のヘッドライン(トップ記事)になったこと」について彼はこう言い返した。


「インタビュアーにいい加減に言っただけさ。自分の私生活について訊かれた時にはそうしたくなるんだ」 


リヴァーは私生活について訊かれると、よく嘘をついていたようだ。彼いわく、


「インタビューで話したことは、すべて全然違う発言に変えられて活字になるんだ」


「僕の家族のことを書いた記事で、ウンこの通りだった、そう思うやつを読んだことはないよ。どれもこれもセンセーショナルに書き過ぎてあるんだから」と。


また、この伝記本の中で、リヴァーが麻薬常習者であったかのようなデタラメを書き連ねているが、リヴァー本人は公然と否認している。その発言のいくつかは同書でも紹介されている。


「麻薬には手を出さないよ。話題にするのさえ嫌だな」(『ヴォーグ誌』1990年5月号)


はともかく、次の発言はどうか。

別の記者には、ハリウッドの麻薬問題に対する意見を求められ、こう述べた。


「僕はいつもハリウッドのいかがわしい部分から遠ざかってきた。麻薬なんてやらないよ。そんなことしなくても十分ハイになれる生活だもの。僕は至ってまともな人間で肉も食べない。飼い犬だってヴェジタリアンなんだ」


ところが、この一文のすぐ後に、「インタビューでは真実を語っているのか」という

質問に対するリヴァーの返事を挿入している。


「いい加減な奴らが多いからね。そういう奴らに真実を話す気にはなれないよ。何を言っても、全部でたらめに書くんだから。だから、かえって、嘘を言ったほうが、事実を書いてもらえるよ」


こう書かれると、「麻薬なんてやらないよ」という彼の発言は「嘘を言った」までだというふうに誤って読解されてしまう。それは違うだろう。この伝記本はほとんど確信犯的に事実をねじ曲げてセンセーショナルに書かれている、と私は思っているが、


しかし一箇所だけ彼の死因に触れた核心部分があり、それを紹介する。死の直前、「ザ・ヴァイパー・ルーム」での出来事である。


すると麻薬ディーラーがリヴァーに近付き、自分たちの麻薬を試してみないかと誘った。リヴァーは、彼らとトイレに消えた。零時45分、あるミュージシャン仲間がリヴァーに『やってみろよ。すごくハイになれるぜ』と言って高純度のペルシャ・ブラウン・ヘロインを手渡した。


それを嗅いだリヴァーはたちまち洗面台の前で体を震わせてよろめきだし、『何だこれは、一体何が入っているんだ!』と、その友人に叫んだ。


そのとき彼と一緒だった3人、共演者のサマンサ・マシス、弟リーフ、妹レインはリヴァーの麻薬使用について「何も知らない」と供述している。


だが、サマンサはあとで「クラブでの様子がおかしかったから、誰かがリヴァーにヴァリウムを飲ませたのだ」と述懐。以上の観察から私は、リヴァーが毒薬物投与で暗殺された可能性が十分あることをいっそう確信した。



以上

zacky | ・雑多に隠謀論ネタ | comments(12) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
とてもステキな人だったんですね。そういう人は消されやすいですが、若すぎる。。
10月31日といえばハロウィン。そして死の直前にいたのが「Viper Room」、この名前も偶然ではないでしょう。 「検視結果」も捏造が多いですもんねぇ。。 リヴァーが楽屋でマリファナを吸っていたと証言するコリー・フェルドマンも有名なヤク中で、嘘を証言させるのも簡単だし。 リヴァーに高純度のヘロインを手渡した「あるミュージシャン」って、レッチリのフリーでしょうか。wikiによると、リヴァーがドラッグ中毒で死亡した際に救急車に同乗し、最期を看取ったのは親友フリーだった。フリーは麻薬パーティーなども行っていた。フリーの親友ヒレル・スロヴァクも薬物中毒により死去。友人のカート・コバーンも不審な自殺ですね。カートの嫁さんは悪魔のサインをやってるし。
フリーはミック・ジャガーのアルバムにも参加してるし。ストーンズの悪魔的ルーツは有名ですが、ミックはリッパなサタニストで「ナイト」も授与されてるし。。
| ちょここ | 2009/05/15 9:34 PM |


思ってる以上に気軽に消されるんじゃないのかな。
セージカもロックスターもムービースターもマンガカも、日本でも亜米利加でも。

リヴァー・フェニックスの場合は“危険分子は早めに摘め”ですね。この人が死んでなかったら、恐らくレオナルド・ディカプリオさんは出てこなかったでしょうね。今振り返ると結構凄い俳優だったと思ふ。

ラスタファリアンは完全なるヴェジタリアン。ガンジャはガンガンだけど、リヴァー・フェニックスと同じレヴェルの菜食主義者で主食はフルーツ。ボブ・マーレイの死因は“サッカーでの怪我が原因での癌”と伝えられているんだけど、彼は「おかしい。オレが癌になるはずはないんだ」と言ってますね。

・中島らも
・どんと(EX.ボ・ガンボス)
・忌野清志郎

三人の共通項は“大麻”。
| z@cky | 2009/05/18 11:13 PM |
リバー・フェニックス…

不死鳥フェニックスがとても大好きです。

コメントにもあるように、リバーの死が無ければレオナルドディカプリオの人気は無かった筈。

ディカプリオがアトガマ等言われてたが、彼はアトガマなど肩を並べるレベルじゃないと思う。

リバーが生きていたらディカプリオはリバーを超えるチャンスはあったかも知れないが、亡くなってしまった今、リバーを超える事は出来ない…。

不死鳥フェニックスの歳をとった味のある良い役者姿を見たかった。
| たくひろ | 2009/12/02 11:06 PM |


>不死鳥フェニックスの歳をとった味のある良い役者姿を見たかった。

同感です。
結果、あっつー間に失速してしまったディカプリオさんとは、
何と言いますかレヴェル…ラヴェルが全然違いましたよね。
『マイ・プライベート・アイダホ』で共演してその後ブレイクしたキアヌ・リーブスさんは、
今でもリヴァーの遺品である彼のボロボロのブーツを愛用してるようです。
| zacky | 2009/12/03 7:18 PM |
これを読んだとき、あなたのファンになりましたら。

同感ですね。

同じ子役出からのディカプリオとは比べモノにはなりませんね。


zackyさん

リバーフェニックスに関してイロイロ教えて下さい?
| Zackyさんファン | 2009/12/05 3:54 AM |


「Zackyさんファン」、これは語呂が悪いから
「zackyファン」、これでど?

尊敬とか主従とか血縁とかどっちが上とか下とかつーより、
互いが互いのファンである、こんな人間関係が理想的だと思うんだな。
ココロの距離とか認め合う部分とか全部ソーゴー的に考えた時にさ。
上とか下に見えるのは全て幻影、大事な人はすぐ隣に居る。
| zacky | 2009/12/07 7:36 PM |
リバーフェニックス大好きでした。カッコいいだけではなく、内面から滲み出るような魅力は自殺するタイプの方でなないと思います。優しくて、真面目で、チャーミング。私のなかでは、今でも最高の俳優さんです。憂いを含んだ笑顔は、自然体のリバーフェニックスだったと思います。考えの深い、素敵すぎたリバーフェニックス。天国で、安らかに幸せに暮らしていたらいいな。
| ccolon | 2011/11/13 11:13 PM |
>内面から滲み出るような魅力は自殺するタイプの方でなないと思います。優しくて、真面目で、チャーミング。

ですよね〜
| zack | 2011/11/21 1:32 AM |
ブログ読ませて頂きました。リバーが亡くなった時、私はまだ高校生でした。あるきっかけでリバー・フェニックスのファンになり、丁度1年位の頃に訃報を聞きとてもショックでした。映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のインタビュアー役は、本当は彼がキャスティングされていたんですよね。
本当に残念です。不思議な魅力のある俳優でした。
| ルイ | 2012/02/28 2:43 PM |
ブログ読ませていただきました。
私も、中学時代は彼に夢中でした。
彼の記事をかたっぱしから読んでいたものです。
でも、当時、「暗殺」なんて発想もなく、
「ベジタリアンで薬も否定していたのに、
ドラッグ中毒なんて嘘でしょ?信じられない!」と
複雑な心境のまま時間が流れていました。
あなたの記事を読んで、当時の疑問が少し解消されました。彼の作品をまた観返そうと思います。ありがとうございました。
| まのび | 2012/07/18 9:11 PM |
私個人としての見解も、あなたとほぼ同じです!
私が思うのは、ミュージシャン仲間のA(そう呼ぶ事にします)は薬物をやっていた。だから、薬物を拒否しているリヴァーに試してみたくなった。だけど、本人を直接誘っても拒否されるのはわかっていたからこっそり飲み物に入れた。Aが致死量も入れるとは思えないが、その時薬物をやっている最中でハイになり"まとも"じゃなかった。だから飲み物に大量に入れてしまい、リヴァーが飲んでしまった。苦しむ彼を見てAも正気に戻り、罪悪感が押し寄せてきて一緒に救急車に乗った。その場にいた弟妹、恋人が救急車に乗らなかったのはAが率先して乗ったからである。しかし病院に着いて間もなくリヴァーは命を落とした。まさか死ぬとは思っていなかったAは怖くなり、自分が薬を盛ったことは黙っておくことにした。殺人ですからね。それで、リヴァーが薬物を大量に摂取したことによる死が世に広まり、彼が薬物中毒者だったと誤解されるようになってしまった。


私はこう考えました。
にしても、リヴァーがまだいたなら、今頃凄い俳優さんなんでしょうね...


| † | 2012/10/08 4:51 PM |
当時中学生で、リヴァーの死に違和感を感じながらも、そういうものなのか、と流されていました。今日という日にこの記事に出会えて良かったです。
| eri | 2012/10/31 11:44 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM