09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< Joe Strummer - Reggae Style | main | 軌道上からの電磁ビーム照射で台風の勢力を弱体化、米社が特許申請 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スペースシャトル「ディスカバリー号」の生放送中にUFO出現!?


どうやら今年辺りから長年に渡るUFO問題も徐々に明らかにされて行くだろうと、数年前から海外の一部ディープなサイトなどで超噂されてたりしますが、それが亜米利加をはじめとした地球製のモノの話なのか、またはそれ以外のモノを含めた話なのか…何れにしても興味の尽きないところであり、ある意味“ロマン”でもあります。

UFOネタは未だにトンデモで一蹴されるケースがほとんどだったりしますが、ネットが普及するずっと以前から、自分の周囲にもリアルで目撃した人物が少なくありません。でも年を経るにつれて霊的な話と同様、何度他人に話してもまともに聞いてもらえない、バカにされるなどの理由で、口を閉ざし自らの中に封印してしまう方もいるようです。

自分ですか?今から20年ほど昔に連続して三度ほど目撃してますよん。
それは何れも札幌では「ピラミッドではなかろうか」と言われてる山の側でした。

-----

今までも、もの凄い数の捏造写真や動画を本物(?)に混ぜ込んで、全てを怪しげな情報に仕立て上げられて来たUFOネタではありますが、そんな大量なインチキ情報が出てくること自体、トンデモ有耶無耶にしておきたい知られてはならない事実が存在すると捉える方が自然だと思うんだけど、どうも嫌われるUFOネタw

めげずに定期的に記事アップして行きましょうね、以下転載(軽いニュースです)



[宇宙発] NASAは15日(現地時間)、スペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-119)を打ち上げているが、その活動を宇宙から生放送中、UFOが出現したというので英語圏のフォーラムで話題になっている。

その元となっているのが、この動画。17日『NASA TV』で実況中継を見ていたある視聴者が、UFOに気付きあわてて録画したのだそうだ。

画面をゆっくり下降していく発光物体が見えるだろうか。まさしく、UFO、未確認飛行物体、しかも典型的な円盤型。画質はかなり鮮明で、物体の真ん中に小さい穴のようなものまで見える。

NASAのコントロールルーム職員の声だと思うが、動画の終わりの方で、これは国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに備えて伸ばされたドッキング装置のクローズアップだと解説している。しかし、そのそばを通過する謎の物体については一言も触れず、見事にスルー。

筆者はこの時のライブを見ていないので、手持ちの情報だけでは、この動画が本物なのかどうか判断がつかない。ネットを検索すると「私もライブでUFOを見た」というコメントをちらほら見かけるのだが、誰かがCGアニメで作ったフェイクの可能性はそれでも捨てきれない。ちなみに、このケースについては、マスコミは今のところ何の報道もしていないようだ。

NASAは、この動画にどう反応するだろうか?

以上

【転載元】
http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-325.html



オマケ


UFO near STS 115 Atlantis Space Shuttle




UFO" EXPERT" CAN'T EXPLAIN THIS PHENOMENA
zacky | ・謎の円盤UFO | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
ディスカバリー号(STS-119)打ち上げは2009年3月15日(足して119)ですか。911と911。奴らも数字にこだわりますね(笑)
UFOは最近、増えてきていますね。アメリカ製も、本物も。
「サンタクロース」はUFOの隠語だと言われていますし、アポロ14号の宇宙飛行士は「NASAは宇宙人と接触している事実を60年間隠してきた」と告白していますね。
ディスクロージャープロジェクトに関与したNASAの研究に携わった科学者や退役軍人はその後、不可解な死を遂げたとそうですが。
NASAの惑星画像はいつも茶色に変色していますが、以前見た記事では、火星は地球のように青かったです。タイタンも青いですけど。(おまけに火星も木星も土星も、両極は内部から発光してるしw)
それにNASAは、いつも不自然な捏造ツギハギ画像しか公開しませんもん、大部分を隠しまくってるのはバカでも容易に想像できます。
最近目撃が多い、山や湖から出て来るUFOは本物でしょうね。彼らも心配してくれてるのでしょう。
今回も、見に来てくれたのかしら。
| ちょここ | 2009/04/23 12:40 AM |


JAXAとかどうなんでしょうね。
月探査機の“かぐや”はとても鮮明な映像を山のように送ってきてるんでしょうけど、このプロジェクトに関わっているどのくれいのレヴェルの者までが生映像を観てるのか? 要は月の建造物映像を観ているのは何名くらいなのか。またはどのように情報を制御してるのか非常に興味深いです。

時間も距離も遠い亜米利加のアポロ計画であればオカルト・陰謀考察を当たり前に(w)展開出来るのですが、これが今現在進行中であり且つ、日本の話となるとどうもピンとこないw 「あれ?ホントは月に何もなかったんじゃないの?」とかチラリと頭を掠めたりします、ヤバイw

ここ数年で登場した「アポロは月に行ってない説」ってのがありますが、例えアポロを使ってなかったとしても、月へは確実に到達してるでしょう。それも1969年以前に。公表されている月の映像が不自然である、セット撮影であるといった指摘も聞かれますが、それは画像と同じで「公表出来ない映像を修正してるから」といった考え方も出来ますね。

世界の主要な山や湖は、全て地下で繋がってます。
| z@cky | 2009/04/23 1:08 AM |
1969年以前ですか。。 考えてみれば当然ですね。当時でも最新映像や新発見をTV公開はアリエナイですもんね。演出するには、事前に知っておく必要がある。
捏造にキューブリックも関与したという1969年の「アポロ月面着陸疑惑」は、捏造だったのでしょうね。
実際に何度も行っているのは別ルートでしょうね。
ただ、月や火星の方たちには歓迎されていないと思いますが。
NASAにとって一番隠蔽すべきことですが、世論を操作したり巨額費用を出させる目的があったので、捏造を演出したのでしょう。
後で「捏造だった」とリークさせて、「人類は月に行っていない」と信じさせ、宇宙ネタをトンデモとして抹殺する勢力も作っておいた方が便利だし。
「月に行った」「行ってない」と低次元で議論させておけば、秘密裏の本当の計画を進めるのに楽だし。
実際に人類は宇宙へ宇宙へと進出し、無人探査機はずっと遠くまで行っているのが証拠ではないでしょうか。
NASAは土星の衛星タイタンで湖の画像を公開しています。いつものように、ツギハギで隠しまくった画像ですが。それに雲も確認されています。
タイタンには地球の石油埋蔵量を上回る液化炭化水素が存在することも明らかにされていますし。
他の土星の2衛星(エンケラドスとイアペタス)にも、生命体が存在する可能性がある、というニュースもありました。
金星の大気中で雷の発生を確認したというニュースもありました。
最近は、やたら宇宙へ進出するニュースが多いですが、他惑星の方たちには歓迎されていないのでしょう。
一昨年、「宇宙人は月からアメリカ人を追い出した」というプラウダ記事がありました。これは事実だと思います。
今年のニュースでは、NASAの火星探査機のコンピューターが原因不明でダウンしたり、火星探査ローバー「スピリット」が異常動作が続いています。
かぐやのリアクションホイールも、1年少々で2基逝くというのは、拒否られているからでしょうね。
迫り来る危機の為に現代版ノアの箱舟「種子保存庫」を作り、並行して移住計画でも進めているのかも知れません。月や火星の方からは拒否られているようですが。

2006年のニュースで、スティーヴン・ホーキング博士は「人類は生き残りをかけて宇宙へと旅立たねばならない」と言っており、2009年内に宇宙旅行に参加する予定であることが発表されています。
ナチスのV2ロケットから続く「アポロ計画」は最初から、一部のサタニスト支配者たちの生き残り移住計画として始まったのではないでしょうか。。
| ちょここ | 2009/04/23 2:51 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/727
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM