11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< ガラパゴス諸島フェルナンディナ島ラクンブレ山が噴火 | main | The Clash - Rock the Casbah >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
Alien Species

〜 Alien Species 0 〜





〜 Alien Species 1 - Humans 〜





〜 Alien Species 2 - Greys and Reptilians 〜




〜 Alien Species Spotted on Earth 〜





〜 Alien Species - The Orange EBEN 〜





)·)·)-_ The Reptilian Race _-(·(·(
zacky | ・ベスト.ヒット.ユーチューブ | comments(11) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
私の古いパソは動画はすぐ熱暴走しちゃうので、途中しか拝見していませんが。。
宇宙人は、エジプトの壁画などにもフツーに描かれていますね。あれは良い宇宙人でしょうか。昔はフツーに交流していたんでしょうね。
レプティリアンの像は、ノルウェーオスロのヴィーゲラン公園にありますね。あれは悪い悪魔の方ですねw
| ちょここ | 2009/04/16 10:48 PM |


そっかそっか、中にはそう言う環境の人も居るよね、ゴメンね。
もしまだ使ってなかったらFirefoxを試してみて下さい。
他のブラウザよりいくらか軽いと思いますよ。

ん〜、これもどうやら単純に善悪二元には分けられないようですよ。
同一種で相反してたり混血が進んでたりって感じで。
今回はソフトにYoutubeカテゴライズに入れましたけど、
そのうち宇宙人ネタも展開しなければ、ね!
(↑まだカテゴリー増やすつもりでいますよこいつ)
| z@cky | 2009/04/16 11:24 PM |
混血もアリですか。。 悪魔は血統にこだわると思っていました。
ヒトラーに憑依した悪魔が、インパクトがあったもので。。
ヒラリーも時々憑依されてるっぽいし。。
多くのチャネラーがチャネってる相手はいつの間にか悪魔の勢力に変ってたりするし、世間では悪魔勢力の事件がやたら多いし。。
確かに、、NWOに向けて暗躍してる奴ら以外は、善悪二元に分けちゃ申し訳ないかも。。
そのうち宇宙人ネタも、よろしくお願いします。
| ちょここ | 2009/04/16 11:54 PM |
今日も霊感バリバリですよ
チョココさんにも少し分けてあげましょうね。
自分の進むべき道が開かれるでしょう。
| 末裔 | 2009/04/17 3:32 PM |
z@ckyさんも色々大変でしょうから
この歌でも聴いて、張り切っていきましょうw

http://www.youtube.com/watch?v=ii7WQRZQAt0
| 末裔 | 2009/04/17 4:04 PM |
末裔さん、どうもありがとうございます!
今日、私が今進むべき道が少しわかりました。
「バビル2世」の歌、元気が出ますね。
ヨミなんかに負ける気がしません。
バビル2世はさしずめzackyさんかな。でも私たちみんな潜在的に超能力を持っているのに、忘れてしまっているだけ。
zackyさんの知識がトリガーになって、私たちは少しづつ自力で記憶を取り戻していく。
昔も、集団的記憶を取り戻そうとしてバベルの塔を建てようとした。
超古代文明では言語は一つだったのに、バベルの塔をウンコ星人に破壊されて言語がバラバラになってしまった。
本来の人間はコンピュータ以上で、コンピュータなど必要なかったもの。
人間が想像するどんな不可能な技術も全て、本来の人間が持っていた能力の断片にすぎないもの。
ウンコ星人が干渉して忘れさせられているだけ。
本当は私たちはみんなバビル2世であり、ウルトラマンなのよ!
ウンコ星人なんかに負けるワケがない。
| ちょここ | 2009/04/17 11:03 PM |

ウンコ星人ググったら金玉ブログがトップにヒットしてわろたワロタw

バベルの塔のエピソードはホント不思議ですよね。
言語をバラバラにするって、いったいどうやってヤルんだろ?
いや魔法だとは思うんですがね。
| z@cky | 2009/04/19 1:53 AM |
言語をバラバラにするのは簡単じゃないでしょうか。
現在のHAARPなどでもマインド・コントロール機能がありますし、全国的サブリミナルプログラミングと暗示や、大衆を洗脳したり無力化したり白痴化したりできますから。
ケータイですらDNAを損傷しますもん。
人類のDNAは一度に10本を焼き切られたのではなく、バベル以前はもう少しあったのでは、と思うのです。
超古代文明は今よりもずっと高度でしたから、言語が単一で、もっと繋がっていたのではないでしょうか。
バベルの塔破壊と共に再度DNAは焼き切られて、たった2本になっちゃって白痴化され、可視光線は光のスペクトルのわずか8%、可聴音域は約20〜20kHzみたいな貧弱な感覚器官になっちゃって、コミュニケーション能力もなくなっちゃったのかも。
それでお互いコミュニケーション取れなくて疑心暗鬼に陥りやすくバラバラになって小さな単位のコミュニティで生活するようになったとか。
以上、ちょここ妄想劇場でした。すみません。
| ちょここ | 2009/04/19 10:18 PM |


なるほど、後天的にDNAを分断したというアプローチですね。
正直それはあまり考えたことがなかったです感謝4U!

旧約聖書の創世記にある「人は神に似せて創られた」という節を、どういう事でしょ?と考え抜いた挙げ句、自分の中では『基本となる創造主(神)の12重螺旋を10本間引いて2重の螺旋として人間を創造』といった結論に至ったのですが、人間を創った後にDNAを焼き切るといった発想は全然無かったですよ。これはちょここさんじゃないけど“目から鱗”、いやマジで。

10年前くらいからスピリチュアル系サイトでは流されていた情報ですが、当たり前に超能力を使う三重とか四重螺旋の子供たちがジャンジャン生まれて来てるようですね。どうやらアカデミズムとかメディアとかガッカイでは、スーパータブーのようですけど…。

リュック・ベッソン監督の「フィフス・エレメント」でミラ・ジョヴォヴィッチ演じるリー・ルーは六重螺旋DNAの設定だったけど、この映画もエンタテイメントの中からで漏れ出てくる情報のひとつのようですよ。

後からDNA焼き切る前提で少し深く考えてみる!
| z@cky | 2009/04/20 11:13 PM |
ジャンクDNAは、その証拠だと思うんです。
焼き切られて無効化されてはいるけど、復元可能であり、復元方法は私たちは知っているけど「DNAが2本の物質的人間」として記憶喪失になっているので、復元方法を思い出す為に、私たちは記憶を取り戻す必要がある。記憶を取り戻す為に、私たちは自分たちの置かれたこの人間世界を知る必要がある。そして同時に多次元世界も知る必要がある。
つまり、記憶を取り戻すことで私たちは自動的にDNA復元ができるのだ、と思います。

HAARPはマインド・コントロール兵器でもありますが、1950年代からの電磁波マインドコントロール計画の一環であり、1990年のタワーも、携帯電話網を使って、電磁波による全国的サブリミナルプログラミングと暗示、神経細胞の変化とDNA共振の修正、超能力の抑制を行なう、という目的がありました。
人間のDNA劣化とマインド・コントロールは、100年前から秘密裏に勧められてきたテスラ技術の流れだと思いますが、ニコラ・テスラが受けた啓示は悪魔サイドによるものだった可能性があります。
無限に平和利用もできますが、悪用されてきた歴史を見ると。
それこそが悪魔科学の“恩恵”の一部(悪魔どもは人間に、それ以上の技術を与えない)であり、こんにちの人間家畜化政策の技術だったのではないでしょうか。
つまり、現在のタワーやHAARPがDNA損傷・改変機能があるということは、悪魔どもが高度な技術で超古代に人間に対して行った、とも考えられます。
ですので、DNAは間引かれたのではなく、焼き切られたのではないかと。
| ちょここ | 2009/04/22 9:53 PM |


文章にしてタイプするのがもどかしい。
これ多分、自分と貴女ともう一人、同じ意志氣レヴェルでカラーの異なる三人くらいで顔付き合わせてトーク・セッションしたら、一氣にブレイク・スルーすると思うよ。頭の上でパッと電球光ってDNAが記憶を呼び戻すはず。
| z@cky | 2009/04/23 1:46 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/719
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM