09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 「地球空洞論」の概念図・想像図・妄想図及びリーク写真ギャラリー | main | 鏡は実は左右が反転しているのではない >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
インフル万能ワクチン開発=「新型」予防にも期待−厚労省研究班


夕方6時前から始まるフジテレビ系ではトップ扱いでしたね、このニュース
NHKデータ放送辺りはまるで触れてないけど、他の民放はどうだったんでしょ?

「万能ワクチン」開発に関する一年近く前の記事貼っときます

鳥インフル万能ワクチン、日本のチームが開発へ

【3月10日 AFP】北海道大学、埼玉医科大学、化学企業・日油(NOF Corp.)や政府機関の研究者らによる産学協同チームは10日、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに対する万能ワクチンの開発が可能になったと発表した。世界的流行を引き起こす可能性が懸念されている変異ウイルスにも有効なワクチンだという。

新しいワクチン手法ではリポサムと呼ばれる脂肪を少量注射し、リポサムの表面に抗原を乗せて体内に運ばせる。この抗原の分子が免疫系の中でウイルスに反応する。

現在の鳥インフルエンザ・ワクチンは免疫系自体のウイルス攻撃力に依存しているが、ウイルスが変異してしまうと無効になってしまう。

新ワクチンは、ウイルスの内部構造がほとんど変化しない点に着目し、「ウイルスの表面ではなく内側を攻撃する」と国立感染症研究所(National Institute of Infectious Diseases)の内田哲也(Tetsuya Uchida)氏はAFPに語った。これによりウイルスの自己増殖を阻止するという。また、ここから複数のインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチンが生まれる可能性もあるという。

同研究チームはマウス実験を行い、鳥インフルエンザの異なるウイルス株にこのワクチンが有効であることを確かめたと発表している。

2003年に鳥インフルエンザの発症例が確認されて以降、世界各地の死者は200人を超えている。(c)AFP/Miwa Suzuki


【転載元】
鳥インフル万能ワクチン、日本のチームが開発へ 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2362439/2721135


いやいや、全力でノーサンキュー
こんな怪しいモン、自分も打たないし家族にも打たせませんって
そもそもマウスで実験って何さ?アタクシはネズミじゃありません

つか最終局面迫って来てますね、リアル「20世紀少年」
zacky | ・世界人口削減計画(60億→10億) | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/599
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM