08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< パレスチナはガザ地区の元旦2009爆撃直後 | main | Zeitgeist Addendum - 時代の精神 続編【結論部】 (日本語字幕付) >>
ENTRY TOP
「ジャーナリストの仕事とは真実を滅ぼすことだ」by John Swinton


1880年のニューヨークプレスクラブで、当時のニューヨークタイムス紙の局長だったジョン・スウィントンさんが、乾杯の際に行った有名なスピーチです

以下、


世界の歴史が今日に至るに当たって、アメリカに独立した新聞などありえない。 あなたたちはそれを知っているし、私もそれを知っている。あなたたちの中に、誠実な意見を書いてやろうと思うものなど存在しないだろう。たとえ誠実な意見を書いたとしても、それが印刷される事などないということは、当然わかっていると思う。

私は、私の紙面に誠実な意見を書かないことの見返りとして報酬を得ている。あなたたちも同じような仕事で同じような報酬を得ている。もしあなたたちのうちの誰かが、誠実な意見を書くほどお馬鹿さんであれば、職場を追い出されて別の仕事を探すことになるだろう。もし私が私の新聞紙面に率直な意見を書くことを許されることがあるとすれば、それは24時間後にクビになることを意味する。

ジャーナリストの仕事とは、真実を滅ぼすことだ。公然と嘘をつき、判断を誤らせ、人を中傷し、富の足元にへつらい、国を売り、仲間を売ることで日々の糧を得ることだ。 あなたたちはそれを知っているし、私もそれを知っている。独立した新聞に乾杯する?なんと愚かなことだろう。私たちは、舞台裏に存在する金持ち連中の道具であり奴隷である。

私たちは操り人形だ。金持ち連中が糸を引くままに私たちは踊る。私たちの才能、可能性、そして私たちの人生は、彼等金持ち連中の所有物だ。私たちは知性を売っているが、それは売春と同じだ。


原文(英語)はこちら
http://www.rense.com/general20/yes.htm
zacky | ・歴史的スピーチ,語録 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/557
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM