06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< ジョージ・ブッシュに靴を投げつけるゲーム | main | シドニィ・シェルダン - 異常気象売ります >>
ENTRY TOP
OUT OF EDEN - イルミナティの最高位ルシファーの花嫁

ローリング・ストーンズ 「山羊の頭のスープ」封入ジャケット

「子猫ちゃん,パパのところへおいで,さあ,おいで。おいで,パパと一緒に遊ぼう」「子猫ちゃん,パパはお前を探しているんだよ。パパを見つけてごらん。さあ,パパのところへおいで,子猫ちゃん。さあ,パパをなめて,ひっかき,咬んでごらん。ゴロゴロ,ゴロゴロ」


Arizona Wilder(本名jeniffer Grean・Illuminatiの最高位13位階)さんのことは旧姉妹ブログで記事にしました。デヴィッド・アイクの情報源の一人です。CISCOさんはIlluminatiの11位階でMothers-of-Darkness<暗黒の母>ですがベルギーにあるMother-Castle城でこのご両人は英国王室のオカルト儀式を何回も執り行ったそうです。


Satan/Luciferの組織図

アイクにかかればCISCOさんが異星人と話せばレプティリアン(爬虫類)になりArizonaさんが英国王室のShape-Shifter(変身能力を持つ人たち)としての話をすれば英国王室はある時「とかげ」に変身したとなる。Arizonaさんはロスチャイルドの落とし子で英国王室出身で片やCISCOさんはロスチャイルド家のMothers-of-Darknessとしてのアイドルでしたからその辺の知識を得ることが出来たわけです。ヒラリー・クリントンがイルミナティの6位階ですからいかに高い位階か理解できるでしょう。


シアトル郊外のレーニエ山(4,392M)。周辺にはグレイシャー峰(3,213M),エルドラド山(2,703M)やベイカー山(3,286M)などがある。(撮影小石牧師)


Ciscoさん(左)と元召使のSherry。オレゴン州ポートランドにて



はSherryさんのボーイフレンドで物静かで優しい青年。右がCiscoさんの娘Heidi(ハイジ)。Ciscoさんがイルミナティを抜けたためその報復でハイジが車で暗殺未遂を受け27回の手術で奇跡的に歩けるようになったが現在も脳に少し障害が残っている。



物静かな好青年のジェフ。メル・ギブソンによく似ていた。



Ciscoさんが以前住んでいたポートランドの家。Sherryさんは角笛を吹いて悪霊を追い払っていた。窓にはライフルで威嚇された弾痕の跡が数箇所あった。

今はキリスト教徒であるCiscoさんはこう言います。「神秘的なエジプトは悪魔主義の母体です。エジプトは何世紀もの間,実際は何千年もの間,オカルトの中心でした。エジプトにその知識を伝えたのはアトランティス人であるとオカルトの世界は信じています。私たちのシステムを作った人間はアトランティスの高僧でしたから,当然,彼らのオカルティズムもエジプトを手本にしていました。イルミナティの幹部の多くはグレイト・ピラミッドまで巡礼の旅をしています。
 フリーメーソンのオカルト知識はエジプトを模範にしたものです。それについては,C・W・レッドピーターが著書「古代の神秘儀式」で古代エジプトの神秘宗教が今日のフリーメーソンに持つ意義について語っています。またデーヴィッド・キャリコの最新書は,今日の悪魔主義の儀式を詳しく調査し,SRA(悪魔の儀式での虐待)と
エジプトの「死者の書」(Pert Em Hru)には一体一の対応があることを論証しています。また,モナーク・マインド・コントロールを行う集団の一つが,「セト神殿」と呼ばれている。



これはエジプのパピルスの巻物からの「死者の書」ですが,モーゼの十戒は100%ここからの盗作である。エジプトではMISESが神から与えられた法の石刻版を授かった。この「死者の書」にあるフレーズ”盗みはしない”が「なんじ盗むべからず」,”人を殺してはいけない”が「なんじ殺すべからず」,”嘘をつぃてはならない”が「なんじ偽証すべからず」になっただけである。<管理人注>



このユダヤ人のラビが吹いているのは牛ではなく羊の角笛。旧約聖書ではモーゼがシナイ山に十戒と共に現れた際,彼は人々が黄金の牛を崇拝しているのを見て憤慨した。実際モーゼは石刻版を粉々に砕いて人々に心を清めるために殺し合えと命令した。多くの聖書学者はイスラエル人が間違ったものを崇拝していたからだと理解している。実はこの黄金の牛とは「牡牛座の牛」でありモーゼは新時代の「山羊座の羊」を表現していた。だから今でもユダヤ人は羊の角笛を吹いている。
 こういう話はまだある。ルカ22:10で弟子達がイエスに次の「過ぎ越し祭り」はいつか尋ねた時,イエスはこう言った。”見よ,汝が次の町に到着した時,水を運ぶ男に出会うであろう”そして”彼の入る家へと続きなさい”と・この記述はまさに天文学的表記それだけである。水を運んでくる男は”水がめ座"で常に水差しで水を注いでいるように描写されている。<
管理人注


エジプトのオカルティズムがヘルメス魔術やフリーメーソン,悪魔主義にそれほど大きな影響を与えているとすれば,私たちのシステムがエジプトの影響を受けていても,別に驚くべきことではありません。私たちの中にはナイルのクイーンと呼ばれる人格がいましたし,ナイル川もありました..........猫はオカルト世界では重要な役割をします。エジプトでは猫は神だと考えられています。イルミナティは何年にもわたってエジプトの魔術を行ってきました。猫を崇拝し大切にすることはイルミナティの理事会への忠誠の証でした。エジプトでは猫を殺せば死刑に処せられました。この法律は数世紀にわたって実施されています。ペルシャ人が戦闘でエジプト人を打ち負かしたのも,エジプト人が戦えないように猫を抱いていったからです。

ローマの神サートウルヌス(土星)が何千年もの間,世界的に人々の中心的な崇拝対象であったという事実はほとんど知られていません。「サートウルヌス神話」という本は,内々ではあるが広範に行われてきたこの世界的なサートウルヌス信仰について詳細に検討しています。太陽信仰もサートウルヌス崇拝も悪魔崇拝と結びつくものです。両者とも悪魔崇拝の姿を変えたものにすぎません。オカルト世界はこのことを知っていますが,それ以外の世界ではほとんど知られていません。ローマはサートウルヌスの都であり,何世紀もの間,悪魔主義とその神秘宗教の重要な中心地でした。悪魔主義者の指導部は九つの評議会と13人大ドルイド評議会(カウンセル),その他多くの下位集団で構成されています。血の人身供犠を定期的に行うイルミナティの幹部は,善と悪を超越した生きた利己的な神です。悪魔は,悪霊ベルゼブルを片腕に,悪霊にも位階制度を設けました。オカルトの考えは「悪魔の狂気の論理」以外には全く論理的基盤を持っていません。
 世襲される悪魔主義は少数独裁制に基づいています。英国の王室も彼らの親戚のヨーロッパの王族達も,悪魔主義者の血を引く家系です。デンマーク王はひそかに儀式に参加しています」と。


 CiscoさんとSherryは現在キリスト教徒ですが過去を振り返ってオカルトの考えは「悪魔の狂気の論理」以外には全く論理的基盤を持っていません,と言っているようにデヴィッド・アイクのようなバランサーによって精神がゾンビ化されないように。すでに拙稿をお読みの方はそういうことはないと思います。アイクは英国でかつて馬鹿にされキチガイ扱いを受けましたが9.11をぴたっと当てたことから今度は崇拝までされるに至っておりますがこれらもイルミナティの計画したステージショーなのです。彼の目的は記事にしましたが新宿二丁目の論理を今一度参照ください。

 すべてはオカルト儀式で決定される参照。<転載不可>

 モナークマインドコントロール参照

 続・モナークマインドコントオール参照

私はイルミナティのマザーゴッデス(母なる神)になるための訓練を受けました。この世に存在するマザーゴッデスはわづか3人しかいません。そのうちの一人が私です。マザーゴッデスは52歳までしか生きられないように運命づけられています。マザーゴッデスが39歳になった時、女児を妊娠させられます。そして生まれた子が13歳になった時、母親が52歳、その時に、マザーゴッデスは儀式の最中に娘である、その女児によって生け贄に供されるのです。そして彼女の地位はその娘へと引き継がれます。しかしそれが新たな訓練の始まりで、子供が19歳になるまで行われます。


Arizona Wilderさんの近影。Ciscoさん同様二人にマインドコントロールしたのはNAZISの死の天使「ヨセフ・メンゲレ博士」であった。↓  ↓

Winthrop RokefellerはParty Girlとの間に男の子をもうけイルミナティの習慣に従ってその子を養子に出した。
その子は後に第42代米国大統領となったWinthrop Rockefeller Clintonである。

儀式はイルミナティの活動の中でも非常に不可欠な要素で、フリーメーソンにとっても同様です。儀式の目的とは、何かをえることーーー権力や知識を獲得し、目標を達成することです。何かを奪い取ったり、自分にもたらすこと、それが儀式の目的です。なぜなら私たちはこの物理的な次元、すなわち3次元の惑星に住んでいるので、そのような知識を得るにはこの次元の外部、他の高次元から仕入れて来なければなりません。儀式はその手段なのです。

エリア51についてお話をしたいと思います。これについては私はまだお話をしたことがありません。私の知る範囲でエリア51の目的についてお話します。

エリア51は本当は大規模な遺伝子の研究所です。そこはまたソウサー・クラフト、いわゆるUFOの開発と研究にも関わっています。そこでは他にも多数の小さなサブ・プロジェクトが推進されています。エリア51にはS−4(エスフォー)と呼ばれる場所があります。
それはNSA(ナショナル・セキュリティー・エージェンシー=国家安全保障局)の管轄下にあります。また遺伝子研究がおこなわれている場所があり、それはサンディア研究所の管轄です。

そしてもうひとつの区域には、なんとか捕獲することが出来たエイリアン種族がいます。

エリア51におけるテクノロジーのほとんどは異性人の宇宙船から獲得したものではなく、実はドイツから伝わったテクノロジーです。第2次世界大戦後のペーパークリップ作戦(合衆国政府が大量のナチスドイツの科学者を自国に取り込んだ)の最中に、合衆国はドイツが一つにはUFOのテクノロジーをさらに開発するために南極大陸に科学者を送っていたことに気づきました。そして彼らの研究開発は阻止され、合衆国に連行されました。
この件には海軍情報部が関わっていました。そして今日もエリア51において関わり続けています。


Arizonaさんの右手にはエリア51に入るための刺青を消した痕がくっきりと残っているがCiscoさんにはない。

それから私が知る限りでは、この地下14階の施設で行われていることは、ある特定の人間が開発されていたか、(現在においても)開発されています。そして特殊な動物、新種の動物も開発されています。それらの動物はずっとのちにこの地球上に配置されるでしょう。それは私たち全員が抹殺された後のことです。

施設の地下1から5階までのことについては、合衆国内の特定のグループも知っています。そして死亡した、またはことによると生存する幾つかの種族の宇宙人たちが抑留されているのが、この最初の地下1から5階です。

そこには捕獲されたグレイたちもいました。そして私には本当にそこがどんな場所なのかを説明することは出来ません。そこに居るということがどんな感じなのか。。。、あまりに異質で、言い表す言葉のありません。彼らはとても酷い悪臭を放っています。彼らの存在自体、なんて言ったらいいのか分かりません。ある人々が描写しているように、いわゆる魂の抜けたような、とでも言いましょうか、他に適当な言葉が思い浮かびません。まさにその通りだと思います。

目撃されているグレイは、どうやら地球の内部からやって来ているようなのです。ここでは何か別のことも起きています。これらも生物は地下6階以降で発見されているからです。他にもあります。私はそこでグレイとテレパシーで交信することに関与させられます。

 
V.I.T.R.I.OとSHAMBALLAHその1〜6参照

月には基地があります。この基地には国連軍が駐屯しているはずです。彼らの交信用装置はオレンジ郡シールビーチに隣接せるハンティントンビーチにある大きな建物の中です。そして巨大な鏡のようなものを彼らは使用しています。それは「一つ目」で、彼らはそれを月との交信に使います。サイクッロプス(単眼の巨人)です。

1996年に、これに関わっていたもう一人の人間と話をした事があります。彼女の家族はつきへ行った宇宙飛行士の仲の一人を知っていて、宇宙飛行士が地球に帰還した後、その家族に ”月で建造物を見た” と言いました。彼はまた、地下に続く自然の産物ではない人口的な入り口も発見したそうです。彼はショックを受けました。帰還後はそのことを他言しないように、常に脅迫を受けていました。

高次元からパワーを仕入れることを“心霊術"など、どのように呼んで下さっても構いませんが、その知識はこの世界からは不可視の、どこか他の場所からやって来ているのです。それがこの地球上で物理的事実となります。権力を手に入れるために闇や邪悪なものを選択することによって、それらと裏取引をしている、これらの人々が、どのような方法を用いているかと言えば、彼らは血を必要としています。血の生贄です。

血の生費がどのように行われるかと言うと、この3次元に何かを召喚したいのかにもよります。ある種の存在を召喚したい場合は動物を生贄に、あるいは別の種類の存在を呼び出すには人間の血が必要なので、人間が生贄にされます。流血は儀式において非常に重要な部分とみなされていて、例えばネイティブアメリカンも血の儀式の時に自らを傷つけたり、他者を傷つけたりします。それは他の宗教にも存在します。必ずしもこれらの人々で同じ目的で行っている訳ではありませんが。

レプティリアン(爬虫類人)が別の高次元から何かを召喚する時、それらをこの次元に招き入れ、繋ぎ留めておくためには流血が必要となります。彼らからすると、これが基本的な形而上学的水脈(媒介)なのです。血を流してこの次元に固定しなければなりません。血がそれを現実化し、こちらに召喚させます。これが儀式で血を流す目的です。

誰かが血を流している時、血を見ることだけが私たちに影響を及ぼすのではありません。血の臭いも嗅いでいるのです。そんなに度々流血の場に居合わせる人もないでしょうから、血の臭いを嗅ぐ人もそれほど多くはいないと思いますが、血の臭いを嗅ぎ、それを飲んで味わうと、胸のある部分に影響を与えます。脳内から流出……生化学的変化が起こるのです。手短に言うと、それが人間を大脳辺縁系の一部分、爬虫類脳により支配される状態に引き戻します。非常に原始本能的な状態にまで降格されるのです。根底の本能に引き下げられるのです。

このようにして、シェイプシフト(変身)する能力がある人間に変化が起きます。シェイプシフトは、(儀式の)現場の血の臭いや、血の味に影響された時に急速に起こります。これは実際に起こり得ることで、単なる概念(コンセプト)などではありません。シェイプシフトはただの概念ではなく、単細胞アメーバが変身する例からしても、実際の出来事です。シェイプシフトがどんなふうに見えるのか、それがどのように起こり、どのくらいの速さで起きるのか。

儀式ではシェイプシフトするレプティリアン(爬虫人類)は人間の血液を必要とします。彼ら自身にも人間の部分がありますし、そうでない部分があります。彼らには人間の血が必要なのです。彼らには血に対する非常に強い嗜好があり、血を渇望しています。レプティリアンは人間の血液中にあるホルモンを必要とします。彼らはそれを儀式の時に手に入れるのです。

高次元、あるいは低層四次元とも言いますが、そこには別の種類のレプティリアンがいます。彼らはそこに留まっていることに満足していないので、儀式の目的のある部分はそれらを招き降ろすことにあるのです。3次元のこの世界にいるレプティリアン(爬虫類人)はそれら低層4次元に住まうレプティリアンを召喚するために必要な知識とアクセスを持っています。

それから人伝えですが、これら低層4次元のレプティリアンが真夜中に就寝中の人間を起こしたり、襲ったりすることがあるようです。ある人たちは彼らと性交渉を持ったこともあり、聞くところによるとこれまでに経験した中でも最高のセックスだったそうです。しかしながら、実際には何が起きているのかと言えば、そういうことではなく、本当はその人たちのエネルギーを吸い尽くし、魂と精気を奪い取っているのです。これらは儀式で招き降ろされたのと同じ存在です。彼らには吸血鬼のような能カがあります。

儀式においては度々シェイプシフトが起こります。儀式での人間の流血がシェイプシフトを起こさせるからです。それはあっという間に起こります。言い表すのは難しいのですが、最初に顔と胸部から始まります。才一ラを見ることのできる人でしたら、その存在の才一ラが見えると思います。才一ラが変化するのです。身体は見えたり触れられるところで終わっているのではありません。才一ラとは実際には身体の一部なのです。ですから、(身体がシェイプシフトすると)オーラも変化せざるを得ないのです。

シェイプシフトしている時の彼らのオーラは歪んでいますが、非常に大きいです。シフトの後、彼らのオーラは暗い色に変わり、サイズはさらに大きくなります。これは血統の関係からですが、ヨーロッパ系の血統の人間は通常、背が高いのです。身長が183cm〜198cmが一般的な男性ですが、その人のオーラがさらに一層大きくなります。実際の身長も突如として7〜9フィート(213cm〜274cm)になります。
中には本当にシェイプシフトする人もいますが、シェイプシフトする遺伝的要素を持つ、
多くの人たちは、彼らのオーラに変化が見えるのであって、肉体が変化する訳ではありません。ほとんどの人の場合、ただオーラに違いが見えるだけです

彼らの目を見ると判ります。なぜなら目は心の窓といいますので、これは本当のことです。イルミナティ内部で訓練された私たちのような者は「他人の目を見るな」と教わったのです。それから儀式で血が流されたり、または血の側にいると、彼らはその影響を受け始めます。なぜならある意味、それが彼らに欠落しているものだからです。そして、変身の能カがある、これらのイルミナティの家系、いわゆる血族は全て繋がりがあることを理解してください。彼らは白人だけに限ってはいません。その遺伝物質はあらゆる人種に受け継がれているのです。その血筋は非常に純潔に保たれています。

私は今、イルミナティのレプティリアンに特定してお話をしているのであって、別の種類のレプティリアンについてお話をしているのではありません。ですから皆さん方が、例えは、政治家などが普通に路上で突然シェイプシフトするのを見たり、人々が巷で日常的にシェイプシフトするのを目撃するといったことはないでしょう。変身能力を持つ血統は純粋に保たれているので、そのようなことが起こるはずがありません。

実は、見知らぬ人が近づいて来て、彼らは自分たちが話しかけている相手が誰だか知らずに(私はある場所で講演するためにそこにいたのですが)、彼らは私が講演者で当のアリゾナだとは気づかないで、シェイプシフトするアリゾナについて話し始めるということがありました。私は彼らのために儀式を執り行うことは出来ますが、彼らの一員になれるほどは高貴な血筋(*皮肉の意)ではありません。

 米国でマーシャル法が発令されShadow Governmentが出現するとき21名のReptillian Counselというのが姿を現すとCiscoさんは言っておりましたが皆さんも信じられないでしょうが勿論管理人もそうです。
ここの記事はセラピストの治療を受けている方は決して見ないようにお願いします

クリストファー氏にご支援頂いてメールのない方はメールを入れてください。新しいパスワードを差し上げます。いままでのパスワードは無効になります。ブログの終了は延期しパス化で対応いたします。管理人は銀行に行きますと支店長が出てくるほど充分な蓄えがありますが今後の前代未聞の危機意識を共有する意味でご支援をお願いしているのです。これは大切なことです。


---------------------------------------------------------

以上、ゲームの達人師ブログより転載

OUT OF EDEN - イルミナティの最高位ルシファーの花嫁
zacky | ・サタニスト † 悪魔崇拝者たち | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM