07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 札幌市手稲区本町、某居酒屋にて | main | 何だか世界がザワザワと騒々しい2008年秋 >>
ENTRY TOP
ノーベル物理学賞と国際リニアコライダー計画


あちらこちらで「破産しそうだ」とか言ってる中で3人ノーベル賞受賞
ノーベル物理学賞は定員3人だと言うのに3人とも日本人という快挙
しかも3人が3人とも仲良くクォーク/素粒子の研究者(≠ガクシャ)

……はて?

各メディアが大々的に受賞を報道した翌日に速攻で、
NHKがこんなニュースをひっそり&サラリと流しました、以下

次世代実験装置誘致 検討” 10月8日 14時48分

河村官房長官は記者会見で、ノーベル物理学賞の受賞者に3人の日本人研究者が選ばれたことに関連して、素粒子物理学の研究に必要な次世代の実験装置を国内に誘致するため、政府として、具体的な検討に入りたいという考えを示しました。
この中で河村官房長官は、ノーベル物理学賞の受賞者に3人の日本人研究者が選ばれたことについて、「日本は、物理学を代表とする基礎科学の分野で世界のトップランナーだ。ゼロから1を生み出す基礎科学こそ、国が戦略的に投資することも含めて、バックアップしなければならない」と述べました。そして、河村官房長官は「スイスにあるヨーロッパ合同原子核研究機関・CERNで、円形の加速器を使って、宇宙の誕生、いわゆるビッグバンが起きたときに近いエネルギーを発生させ、物質の起源を探る実験が行われているが、この結果を待って、さらに大がかりな実験を行う計画がある。この実験に日本政府が本格的に取り組むときが来た。今回の受賞を追い風に、新たな加速器の誘致を本格的な検討課題にしたい」と述べ、素粒子物理学の研究に必要な、全長およそ40キロメートルの直線型の加速器を国内に誘致するため、具体的な検討に入りたいという考えを示しました。

※ソースは既に消えてます

詳しい物理系の話はここでは割愛、要はスイスで実験が中止になった加速器の
直線タイプのものを日本に建設するように誘致しますという国の宣言ですね

加速器自体が約7000億円、建設する場所にもよりますが、測定器や総延長40km
にかかる用地買収、その他もろもろ含めて総額3兆円超などという高額になるため
(体裁上は技術の統一)、世界中のどこか一箇所に作るという取り決めになっている
ようです   よって“誘致”

国際リニアコライダー/International Linear Collider
リニアとは直線、コライダーが加速器

リニアコライダー計画ってなんだ!?
http://www.linear-collider.org/about.html

五輪やW杯がそうであるように、誘致と言うより既に決定事項でしょう

日本人が3人いっぺんにノーベル物理学賞受賞の快挙!

じゃあ本格的にリニアコライダーを日本に建設するよう誘致しよう!

ではなく順序が逆

リニアコライダー作る金は日本が出しますよ、日本に作らせてね

じゃあご褒美と国民への理由付に大盤振る舞い、3人にノーベル賞あげちゃう

と、こうです

そもそもノーベルなんて爆弾作った人だし、地球温暖化の嘘をばらまいた
アル・ゴアとか、金大中とかダライとかに平和賞与えるような賞ですからね
キング牧師には平和賞与えておいてその後暗殺するような奴らです

研究者や活動家、物書きのカタガタを否定するつもりは毛頭御座いませんが、
ノーベル賞というものは独立した純粋な評価ではなく、
あらゆる政治的な側面に利用されてるということですね

だから宇宙の始まりがビッグバンなわけないでしょと何度も…ワライ

ノーベル賞の受賞の背景
http://www4.ocn.ne.jp/~mukzke98/shukyokaitei.html#24t8
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/442
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM