09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< George Harrison - BrainWashed (洗脳) | main | 2008年9月15日は満月 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
Bob Dylan - Jokerman (PV,1983)


ジョーカーマン

木の上に立ちパンを与えている
鉄の頭をした偶像の目が光っている
遠くの船がもやの中に入っていく
ハリケーンが吹き荒れる中
両のこぶしに蛇をつかんであなたは生まれた
自由はあなたにとってもうそこまで来ているが
真理がそんなに遠くにあるのなら 何の益があるだろう

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン

落ちるように陽が沈む
誰にも別れを告げずあなたは立ち上がる
おろか者 蛇におじず
未来は誰にも怖れに満ちているが
あなたはおくびにも出さない
もう一度脱皮して
内なる迫害者の一歩先を行く

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン

あなたは確信に満ち 雲の上だって歩ける
群衆をあやつり 夢さえねじ曲げる
あなたはソドムとゴモラに行くが
気にすることはない
そこの誰もあなたの妹と結婚したいとは思わない
殉教者の友 娼婦の友
あなたは真赤に燃える炉をのぞく
そこには名前のない金持ちがいる

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン

レビ記と申命記
それに密林と海の掟だけがあなたを教え導くもの
白馬の上の黄昏のもやの中に
ミケランジェロはあなたの姿を彫ることもできただろう
喧噪の巷を離れ 野原に休み
星々の近くでまどろむあなたの顔を子犬がなめている

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン

ライフルを持った男が病人や足の不自由な人をつけねらっている
説教師も同じものをねらっている どっちが先に追いつくか
警棒と放水砲 催涙弾 南京錠
火炎びんと石が カーテンというカーテンの後ろに隠されている
不誠実な裁判官が自分でかけた網にかかって死んでいる
夜が忍び込んでくるのはもう時間の問題

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン

実体のない世界 変わりやすい灰色の空
今日ひとりの女が王子を生み 緋の産衣を着せた
彼は祭司を支配下におき 刃に焼を入れるだろう
そして母のない子らを通りから連れ去り
娼婦の前に置くんだろう
Oh,ジョーカーマン,彼が何を望んで入るか知ってるだろう
Oh,ジョーカーマン,あなたはどんな反応もしめさない

 ジョーカーマンはナイチンゲールの調べに合わせて踊る
 鳥は月の光をあびて飛ぶ
 Oh,oh,oh,ジョーカーマン


※対訳:三浦久
zacky | ・ベスト.ヒット.ユーチューブ (外国の曲) | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
『ダイノジの太田君が大分から東京に漫才師を目指して出てきたとき、ウォークマンにカセットでボブ・ディランとニュー・ロティカを入れてきたらしいですよ。俺、それ聞いた時、家帰って一人で自分の曲聴きながら呑みましたからね。「ボブ・ディランってどういう音楽かな?」とか思いながら。』
(イノウエアツシ/ニューロティカ)

エエ話や!
| james96 | 2008/09/06 12:06 AM |
もうね、ボブ・ディランのファンって、
あーでもないこーでもないって嫌な奴ばっか。
「良い人とは“自分にとって都合の良い人”である」と談志師匠。
| z@cky | 2008/09/06 12:29 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/377
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM