10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

This site kills fascists. The time will come, and you'll see it. Don't stay put.
<< 郵政民営化とかんぽの宿問題 | main | デジタルテレビ推進に陰謀説:「DTVには隠しカメラとマイク」の動画 >>
ENTRY TOP
TV生放送でローマカトリック教会の幼児虐待を非難するシネイド・オコナー

Sinéad O'Connor - War (SNL1992)

1992年10月第一週週末の「サタデー・ナイト・ライブ」からボブ・マーリィの『War』のカヴァー、アカペラで唄っております
生放送で歌い終えた後にヨハネ・パウロ二世の写真を破り捨て、彼女はこう言いました

「FIGHT THE REAL ENEMY (真の敵と戦え)」

その昔、とある切っ掛けからエホヴァやモルモン、ローマカトリック教会などの幼児虐待に関するサイトを徹底的に読み漁ってた中で、ふと思い出したのがシネイド・オコナーさんだったんですね…10年以上、その名前すら忘れてたんですけど…

ユダヤ・キリスト教系に限らず(悪魔教)宗教団体の性的幼児虐待は、かなり以前から楽曲の歌詞やオカルトネタなどで噂されてはおりましたが、シオニストが牛耳る亜米利加メディアの生放送上で、ここまであからさまに(この時点では)噂に過ぎない問題を指摘したのは凄いです、今更ながら惜しみない拍手をお送りしたい!
タイマーズのFM東京の比じゃありません、伊丹十三の刑にされなくて何よりです

このテレビ放送の直後にボブ・ディラン師匠のトリビュートコンサートに出演した彼女は、マジソン・スクエア・ガーデンの大観衆からブーイングの嵐を浴びることになるのでした…


Sinead O'Connor - Bob Dylan Tribute Concert - 1992

フィルムの冒頭にあるように「I Believe in you」を唄う予定であった彼女なのですが(これは素晴らしいフルコーラス聴きたい)、バックバンドが奏でるイントロを抑え曲を中断して変更、ブーイングに答えるかのようにボブ・マーリィの「War」をアカペラで唄います

いや、ホント消されなくて何よりです


オマケ

五分刈り〜スキンヘッドなイメージの彼女ではありますが、ここはカツラをかぶりまるで違う雰囲気でスタンダードナンバー『You Do Something To Me』を唄ってます、妖艶です


Sinead O'Connor - You Do Something To Me


zacky | ・サタニスト † 悪魔崇拝者たち | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/362
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM