06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

This site kills fascists. The time will come, and you'll see it. Don't stay put.
<< ケムと少女と夕暮れと | main | 日吉ミミ - 世迷い言 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
JAL123便墜落事故−真相を追う from (新) 日本の黒い霧


「123便に乗る予定だったけれど、仕事がキャンセルになり一便早めて助かった」ってゲーノー人が何人かいるようだけれど、あえて穿った見方をするならば、それって直前に123便が撃墜されるという情報を得たからじゃないの?とか思ったりもします。まぁ、直感/霊感的に危険を察知して123便を避けた方も居るでしょうがね。どんな細かな情報でも、あらゆる可能性を考慮しないとね。なんせ奴らは己の利益が第一だからね。殺した方が儲かるか生かした方が儲かるか、この二択。例えばマイコーさんなんかは、これ以上生かしておいたら損だから殺して更に稼いだ訳だったりして。生かすも殺すも、プラスかマイナスの損得勘定なんですよ。


以下、転載です。

あの忌まわしい悲劇から、早くも26年の年月が経過しました。123便の乗客乗員、全ての犠牲者のご冥福を祈ると共に、同事変により人知れずその命を散らすこととなった、米国軍兵士、旧ソ連軍兵士、自衛隊隊員、警視庁・警察関係者、その他の方々に追悼の意を表します。

 * * *

思えば、本件の調査を始めたおよそ3年前、大事故と報道された本件が、これほどまで複雑な背景を有しているとは想像もしませんでした。調査開始当初、世の中は陰謀論やスピリチュアルの話題が花盛りであり、当然ながら、123便事故についても「自衛隊の標的機の衝突説」、「米軍によるミサイル撃墜説」などが囁かれていました。このブログは、それら諸説の検証からスタートし、単なる資料分析の範囲においては、後者の「米軍撃墜説」がより有力であろうと論じておりました。

その見方がガラっと変わったのが、2年前、墜落現場を何年も探索し続けたS氏との出会いです。彼から提供された多数の「ミサイル破片」、「軍機の破片」、「軍機搭乗員の装備品」、その他などから、墜落現場周辺からとんでもない軍事衝突の痕跡が発見されたのです。これらの分析が可能になったのも、私の師であり、軍事分野において深い見識を兼ね備えた国際軍事評論家B氏の存在が非常に大きかったことは言うまでもありません。私のブログを通しS氏とB氏が繋がったことで、事故の真相がよりはっきりと見えてきました。それは、それまでの陰謀説をはるかに凌駕した、世界規模の軍事衝突だったのです。

これまでの記事の繰り返しになりますが、墜落現場からは、複数の米軍機破片が回収されただけではなく、ソ連空軍のミグ戦闘機の破片、ソ連製装甲車の装甲板、そして航空自衛隊の戦闘機破片までもが見つかっているのです。それに加え、軍用毒ガス瓶や糜爛性毒ガス原料までもが、現場で発見され、調査チームの手で回収されています。軍用毒ガス瓶はその口が開いているので、おそらく、M氏が目撃したという多くの生存者を、秘密保持のため絶命させる用途に使われたのでしょう。更に恐ろしいことに、核兵器使用の痕跡までもが残っており、私やS氏などは現場調査を繰り返した影響で軽い放射線症にもかかっています。事件から20年以上経過した現在でも、事故現場周辺の自治体では高目の空間放射線量が測定されています(ただし311前の測定)。

以上

転載元は、

(新) 日本の黒い霧
http://blog.goo.ne.jp/adoi

なのですが、2009年の8月から始まったこちらのブログの123便事件(事変)に関する記事を、勝手に時系列に並べました。ひとつひとつの記事がヴォリュームたっぷりで完読するのに時間がかかるとは思いますが、是非時間のあるときに・・・いや、時間を割いて読んでみて下さい。

■2009/08  01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11,12,13,14

■2009/09  01,02,03,04

■2009/10  01,02,03,04,05

■2009/11  01,02,03,04,05,06,07

■2009/12  01,02,03,04

■2010/01  01,02,03,04,05,06,07,08

■2010/02  01,02,03,04,05

■2010/03  01,02,03

■2010/04  01,02,03

■2010/05  01,02,03

■2010/08  01

■2010/11  01,02,03

■2010/12  01,02

■2011  01,02,03,04,05,06,07,08,09,10,11(20011/08/12)


上記ブログの管理者さんに敬意を表し、惜しみない拍手を送らせて頂きます。
zacky | ・過去の事件や事故,災害等考察 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
JAL123便は山姥がファーストクラスに出現した。
リークされているボイスレコーダにも高浜機長佐々木副操縦士福田航空機関士の他にもう一人の声紋が記録されている。

それで、山姥をどう退治するかについて対立が発生した。

米軍はウルトラマン形式で横田に着陸させ乗客乗員は助け山姥だけを退治する方向、
日本政府自衛隊は、JAL123便ごと抹殺する方向、

この対立の下、
最終的には御巣鷹で自衛隊と米軍の戦闘も発生した。
時の中曽根総理は帝国石油の資金でイランべったりだった。

4人+1人の生存者の救出につながった臼田町民グランドからの救出は米国勢力によるものだった。
| 123便は山姥 | 2012/11/27 10:41 AM |
撃墜されたのは間違いない。でも毒ガス説は微妙。もし毒ガスが使われたなら、生存者4人も死んでたのでは。
確かに生存者が「朝方になるに連れ、ゲホゲホという嘔吐の声を聞いた」とか「ハアハアハアハアという荒い息づかいを聞いた」と証言してる。
でも、その声の原因が毒ガスなら、生存者の4人も死んでたはず。
4人だけ巧くガレキに埋って毒ガスが入ってこなかった…と言うことは無いと思う。事実K上○子さんの妹は吐いたものを咽に詰まらせて亡くなった。
その原因が毒ガスなら、隣にいたK上○子さんも死んでた。だから毒ガス説は微妙。毒ガスが原因なら50列以降に座ってた生存者4人も吸ってるはず
| 何が真実か知りたい | 2014/04/26 11:54 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/1055
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM