07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< サディスティック・ミカ・バンド - タイムマシンにお願い - 2007 | main | あれから一年経ちました >>
ENTRY TOP
「なでしこ」って変なネーミングだな。


5,6年前に購入した地デジチューナー付“ブラウン管”テレビが先月故障してまったく映らなくなっちまいまして、急遽、人のうちでサッカー観戦な朝方でした。

いやね、スポーツにおける団体競技はサッカーに限らず、“和”の氣質を持った日本人が圧倒的に強いはずですよ。“和”とはあれですよ。ほれ、集団でひとつの生き物みたいな空を飛ぶ鳥のようにね、複数でひとつの生命体みたいな。魚群みたいなさ。澤さんは10番でキャプテンだったりするんだけど、チームでひとつな和のニッポン。“個”の氣質であるアメ公はじめとした諸外国のヒトビトは理解も真似も出来まい。だからと言ってオズラのように意志氣的な立ち位置が相手より上になったりしたらダメダメよん。もともと生き物は皆ひとつであり、繋がってるんだからさ。長い歴史の中での分断工作に一番やられてないのが日本人であってだね。

にしてもさ、フジとかNHKは奇跡奇跡連呼してんじゃないよ、うるさいな。奇跡でも何でもないっつーの!アンタ達「ジョホールバルの奇跡」とかキャッチ付けて、視聴者のクレームで“奇跡”を“歓喜”に訂正した過去をもう忘れてしまったのかね。

それにしても宮間選手(8)は少し蘭丸に似てますね。

宮間さん → 
蘭丸さん → 
zacky | ・32インチ“TV”の世界 | comments(2) | trackbacks(1) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
ををっ、ザッキーチャンネルが更新しとる!アリエ(゚ω゚ノ)ノ

テレビ見てなかったので何が起きているのかよく分からないけど、「和」で最近思ったことを。
わらびもちを食べていてですね、あ、この透明感こそ「和」だな、と。
和菓子に思いを馳せながら、「和」の本質は透明感にあると勝手に納得しました。
つまり、筒抜けってことです。縁とかそういうものが。

ビリーバット6巻読みましたよ〜。
ミス・モモチ、かわいいですね。
でも映画になったら駄目な感じです。ちょっと役者が想像できないっす。
映画化するのかな?
まさかというか、ようやくというか、911ネタが出ましたね。
でも911陰謀説なんかすでにありふれているし、ビリーバットではもっと踏み込んだ話にしていくと思うけど、それってヤバクナイ?とw
5巻も同時に買ったんですがKKKが出てて、ちょっと世の中面白いことになってるんじゃないかと思いましたが、そうじゃなくて他の漫画でも普通に描かれているんでしょうか?

ところで『YAWARA!』はケヴィン浦沢の未来視みたいなものなのかなぁと。
きっと多くの漫画家は断片的な未来(過去)視とか霊界物語を描いているのだとしばしば思うことがあります。
そして、その物語の読者を通じてサブリミナルに社会を左右している、存在がいると。
浦沢氏は一体・・・
| kiri | 2011/07/19 12:45 AM |
浦沢氏は一体・・・良いコウモリか悪いコウモリなのか?ってところですな。

これはね、ダースベイダーorアナキン、共和党or民主党、王or玉、赤のカプセルor青のカプセル、ペプシorコカ、男or女、神と悪魔のように、そんなに大差ないんじゃないんですかね。いや、何だかケムに巻いたり答から逃げる訳じゃないけれど、最近強くそんな感じがしてきましたよ。人間の脳が左右に分かれてる限り相反する二極でしか捉えられないのは今更なんだけれど、そんな感じがする。諦めとかじゃなくてね。
ドラゴンボールの神とピッコロ大魔王の融合や、魔神ブーが善と悪に分離する辺りにもの凄いヒントがあるような氣がしてなりませぬ。

浦沢作品は「パイナップル・アーミー」の頃から読み続けてますけど、だんだんとヤヴァい領域に入って行ってる氣がする。「Monster」なんかもあれ、洗脳と悪霊の憑依を描いてたりするもんね。

異次元からの“閃き”や“自動書記”的にもたらされる情報というのは、どちら側からにしても人間レヴェルでは判断しかねますね。だからと言って奴らの意のままに操られたくはないといった自立のココロがここに有り。

これは答えを出せない問題なので、またの機会に譲りましょう。
でも事あるごとに話題にあげましょう。
なんせ根幹の部分だからね。
| zack | 2011/07/20 7:02 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/1048
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/10/30 7:48 PM |
TRACKBACK BOTTOM