07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 「ロック(69)の日」にイロイロな「サマータイム・ブルース」 | main | 大陸から飛来し続ける毒黄砂 >>
ENTRY TOP
チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる - 2008/03/03


先日、マックたんのデータ移動に伴い過去のブックマークを整理していたところ、3年前のこんなニュース記事を発掘しました。軽くググル先生で英語とロシア語サイトを検索してみたのですが、続報が見つけられませでした。その後、どうなってるのこれ?

でもなぁ、菌だもんなぁバイバイ菌だもんねぇ・・・全然追いつかないよなぁ。

以下、2008年のニュース記事転載。


 史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで凄いものが見つかった。なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

 その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、ロボットによって回収された。チェルノブイリはいまだに汚染から回復しておらず、人が入り込めるような環境ではないのだ。

 回収された菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。それはどの菌においても同じだった。

 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。

 人間にとって放射線は有害なものだが、菌たちにとっては無害どころか有効なものとなっていたのだ。普通では考えられないことだ。

 この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになるだろう。宇宙は有害な放射線で溢れているため、メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、そして他の惑星に移住する際にも頼ることができる。

 チェルノブイリ原子力発電所事故は人類にとって深刻な被害をもたらしたが、有益な一面も見つけることができた。

以上

【転載元】
http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation



あとは、こんなの見つけました

■Fungi Thrive on Dangerous Radiation
http://www.space.com/3845-fungi-thrive-dangerous-radiation.html

↑の日本語翻訳→



むか〜し、エイズに感染した母親から生まれた子供が、生まれたての頃はやはり免疫不全の状態だったのに、数年後に検査してみたところ、あらゆる病気に罹らない、または罹り得ない身体に変化してたといった話を聞いたことがあります。それも複数から。真偽は別にしてこれ、あり得る話だよね。

純粋に我が子を案ずる母親たちに怒られそうだけれど、これから生まれてくる子供たちの中から、あらゆる放射線に対する耐性を持ち、更に進化?した超人が出現する予感です。いわゆる「ヒトラーの予言」に出てくる“超人”ですな。

今回、福島第一原発を爆破した奴らも、その辺の可能性を見越してるんじゃないの?つーことは、これから被爆した地域、または日本国中で生まれてくる新生児は、厳重な管理下に置かれることになるかもしれませんね。広島や長崎のときもそうだったもんね。
zacky | ・雑多にオカルト科学ネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/1043
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM