05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
<< 東京電力福島原発事故後に産まれた耳なし子うさぎ | main | 「ロック(69)の日」にイロイロな「サマータイム・ブルース」 >>
ENTRY TOP
2011年GW函館


はろー皆さん(・∀・)ノ
東北&関東つか日本全体が大変なときだってーのに、先月の連休に函館行ってきましたよ。毎年恒例のママンの墓参り・・・ってのは口実で、墓参りのふりした立派な観光ですエッヘン!なんせ墓参りなんか物の10分で終了だもんね。今回は余裕の三泊四日、函館生まれのオレではありますが、今回は自らをオサライの気持ちにて、ベタな観光地をジュンレーしてきました。




より大きな地図で 函館 を表示

上のググル地図は札幌から函館へのルートとか主要な訪問地、または写メの撮影場所。ポイント打ったりルートをなぞったりで別に難しいことをやってる訳でないんだけど、やっぱり地図いじりは楽しいね。愛読書?もちろん「地図」ですハイ。





な〜んか美味くなさそな写メだな、この色。

北海道は山越郡長万部町の名物駅弁=かなやの「かにめし」です。超美味しいですよ、これ。カニなんか別に特段好きでもないんだけど、この味付けは美味い!いつもはこれの弁当ヴァージョンを買ってその辺の公園で食べるんだけど、今回は強烈な雨風状態だったのでドライブインにて食しました。

カニは剥くのが面倒だからね。積極的に食べないですよ、道民は。キミがオレのために丁寧に剥いてくれるんならバクバク食べるけどね。エビもね。シャコはフナムシみたいだからパス、あれは巨大なダンゴ虫。
地図上では長万部はこの辺→




カッチョイイでしょ駒ヶ岳。駒ヶ岳の麓の牧場の側には、大麻の群生地がわんさかですよ♪
撮影は場所この辺かな→










函館市青函連絡船記念館」ってーのに行って来ました。入場料500円。記念館つっても、海の上に引退した青函連絡船の「摩周丸」がプカプカ浮かんでるのね。その船にいろいろな資料が展示されてて開放されてるわけ。今回は1954年洞爺丸台風の資料が展示されてました。赤いロゴマークはJNR= Japanese National Railway、日本国有鉄道のもの。
場所はここ→




少しピンぼけだよね。居酒屋「汐活活魚ろばた」にて。




これ誰?ミル・マスカラスより有名なん?両目がスプーンとフォークだぞ。




テレビドラマとか映画とかでよく使われる、函館の八幡坂








五稜郭タワーから望む五稜郭公園。残念ながら染井吉野はほとんどツボミ、2008年に訪問したときは満開だったんだけどね。


なんか人間がミニチュア人形みたいだな。特に腕を水平に上げた右手前のオバサンふたり。
再現された函館奉行所






NOKIA携帯での動画撮影、電車でGOですね。
函館の市電、地図上ではこんな感じのルート→
始発から乗り込んだとは言え、真っ先に一番前の席を陣取ってゴメンよ。>函館ピーポー&観光客の皆さん






ここで撮影→






で、


世界三大夜景のひとつとして名高い、函館山からの夕暮れの写真の写メ。両側が海なのがイイんだろな、この陸地のくびれがさ。

ご覧の通り山頂に上がってすぐは、街全体が雲がかっててイマイチの天氣だったんですよ。それでも夕暮れから日没にかけての絶景を期待しつつ、冷たい海風が吹きすさぶ中じっと日が暮れるのを待っていましたが、いきなり見事なくらいのガスが山を含めた街全体を覆い尽くしてしまいまして、山頂から下が全部雲。オレ他観光客全員、天上の人。

函館山山頂からの夜景を諦め下山するバスに乗り込み、函館山ワインディングロードを下る途中、奇跡的に雲がパァと晴れ渡りまして、車窓から一瞬、そう、バスが山道を折り返し下る中途のものの数秒、雲の切れ間からこんな夜景を拝むことが出来ました。→(wikiにアップされてる高解像度の函館夜景写真)

絶景過ぎで、ジワッと涙溢れました。いやマジで。

でもさ、屁理屈こきな言い回しだけどね、夜景って自然でなくて人工なんだよね。
それは電氣。
つー訳で、北海道電力万歳!原子力発電所万歳!!みんな電氣のお陰です!

いやね、人間がコントロール出来ないものを扱っちゃあいけませんよ。
後の世代に無限大の負の遺産を残すなんてどうかしてる。

その一瞬。
また明日以降、その素敵な一瞬がやってくるカモと思ってたよね。
また繰り返すと思ってた。今まではそう思ってた。
でも311以降、そうじゃないってことに氣づいたんだ。
瞬間が全てであり永遠なんだ。
またと無い一瞬。
理屈では知ってたけど身に染みて感じとったよね。
同じ時は二度とやってこないんだと海より深く氣づいた。

そこの心ある人。
このショーもないブログを読んでる今一瞬、
今、部屋の氣になる箇所に目を向けてみるとイイ。
明日もそこはそこにあるけど、
今のそことはまるで別物なんだよ、そうなんだ。

時間は天に支配され、空間は地が司る。
人間はその真逆の価値観のバランサーとして生まれてきた。
そこの奇特な人間〜!
これからは少し大変な時期に差し掛かる。

もう知ってるよね?








夜、ホテルにてひとり。





朝、函館朝市へ。




虫ですよ虫、カニなんか海の虫。巨大な塩味効いた虫。「カニ食べ放題」でなくて「海の虫食べ放題」ですからね。虫を食べ放題とか少し考えたほうがイイですよ。蜘蛛とか塩漬けにしたらカニ風味ですからね・・・嘘ですよ知りません。










普段は朝飯食べないオレではありますが、旅に出るとなんとなく食べたくなるんだよね、朝ご飯。ビジネスホテルでも温泉宿でもバイキングでも何でもイイんだけどね、旅先の朝飯は惑惑なんだな何故か。そうは思いませんかそこの人。

ふらっと野次馬で函館朝市見物に出かけたんだけど、なんだか朝ご飯が無性に食べたくなってのホッケ定食で1200円なり。

いやね、焼き魚と言えばホッケでしょ。
鮭とか秋刀魚も大好きだけど焼き魚と言えばホッケ。
ホッケisナンバーワン!
ホッケisグレートフィッシュ。
ホッケ,マイラブソスイ。








立待岬。ここ→
タクボク?いったいどんな木なんだ?






立待岬の帰りルートにて。ここから撮影→





ヤリイカのイカ刺し。それはまぁまぁで、右側の手作り塩辛。これ絶品!






シャケのへそ炙り、超美味。




居酒屋「ほろよい」にて





舶来居酒屋バー、函館「杉の子」にて。
元子さん、愛してるよ〜(・∀・)ノ






最終日に泊まったホテルにて。ここにも津波が押し寄せた模様。






最終日、帰り道の森町にて阿部商店のイカ飯。これも、もともとは駅弁なんですよ。この辺→






帰りもかにめし、今度は弁当ヴァージョンにて。
長万部の線路に面した旧国道の公園は、いろんな鳥がピヨピヨと囀ってたよ。
でもね、かにめしは鳥にはあげませんよ。これは人間様が頂きます、ども。






これ、旅の〆。
小樽の毛無山からの風景です。





大好きなまち、函館にまた行って来ました(・∀・)ノ
zacky | ・度々、旅 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
ステキなブログありがとうございます。

函館には中学生の時修学旅行で行きました。

北海道、多分日本の聖域・最後の砦になるのではないかという気がしています。

| ほんとうの空 | 2011/06/04 9:36 PM |
いーなーぁ!(^з^)-☆なんか、のびのび感が伝わってくるレポをありがとうね♪早速、手元の地図で駒ヶ岳をチェックしたのは、ゆーまでもないですが…
いーなーぁ道産ヘンプ!これから大量に出る癌予備軍に、配布すべし~(^o^;)

こないだ、三陸のひとが、やっぱここのシャコは旨いよ♪とむしゃぶりついてますた。実は、わたいもシャコは好物だったりするんだけど、このときばかりは一瞬ドン引きですた…何故って、ソレはわかるひとにはワカルと思います。

オーイ、もっと更新しろぉ~(^-^)/
| yuko | 2011/06/06 9:01 AM |

素敵なブログとかどうもです。

もっと更新したいのはヤバヤバなんすが、去年の暮れあたりから、部屋に居ると猛烈な眠気に襲われてたんですよねぇ。夜毎酒気帯びで帰宅するってーのを差し引いても、何だか異常な眠気。試しに他の部屋とかアイジンの家なんかに居てみると全然大丈夫。

こりゃあヤッパリ、闇の軍団に電磁波攻撃受けてんのかしらw
| zack | 2011/06/11 10:12 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://lucky2zacky.jugem.jp/trackback/1040
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM