09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

zackyChannel

ソノトキガ クレバ ワカルコト トドマラズニ
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
イスラエル製軍用ヘビロボット
続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
「クローン人間」誕生間近か、ヒトクローン胚を子宮に移植 米不妊治療医が発表


何を今更、とっくの昔に作ってるでしょって記事をもう一発。
クローン人間って魂が無いゾンビのようなモノなんだろうね。
でも心や感情はあるだろうからこの辺がやっかいだな。

ちなみに上の画像はクローンではなくて六つ子……って一人足りないでやんす、トド松

以下転載、

続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(1) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
軌道上からの電磁ビーム照射で台風の勢力を弱体化、米社が特許申請


何を今更┐(-。ー;)┌って記事ですが一応貼っておきます、以下

続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(1) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
なぜか今亜米利加で開発ラッシュのツェッペリン型飛行船の数々

ロッキード・マーチン社が開発した「P-791 SuperBlimp」

なんか恐いよこれw浮かぶ「ケツだけ星人」です……いや三つに割れてるのだがw

上のは貨物用だけどもこっちのは開発に着手したらしい偵察用、高度2万メートルにて水素電池とソーラーパネルの併用で10年間の連続航行が可能になるそうです。

続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
イスラエルが開発した電磁波バリア/デフェンスシステム「トロフィー」


全篇英語で日本語訳はついてませんが、CGを観れば何となく解ると思います
タイトル通り電磁波のバリアにてミサイル等の火薬を無効にする兵器です
多分、魔神ブーに呑み込まれても大丈夫かと思われます(・∀・)ノ
続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(1) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
「電線に止まって充電」も可能、昆虫サイズの超小型飛行ロボ


浦沢直樹版「鉄腕アトム」ではゴキブリ型の探査ロボットが登場しましたが、これは空飛ぶ昆虫型、しかも「MAVは単体で直接攻撃を行なえる。戦闘能力を奪う化学物質、可燃性物質、さらには爆発物をも搭載して、正確に照準を合わせて攻撃できる」
って、いったい誰を攻撃するんだ?

【元記事】
http://wiredvision.jp/news/200812/2008121619.html
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
「センサーチップ搭載の薬」で、身体反応をモニター


この大きさ、と言うか小ささ…これは役目を終えたら排泄されるんだろうか?
どう考えても腸壁にへばり付いた「幻の宿便」に埋め込まれて体内に残り、人間の個別識別チップに流用出来る気がするのだがどうか?

以下、記事全文

続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
戦車も無人化の時代が到来、米社が開発中の無人装甲車両を公開

無人戦車「Ripsaw MS1」

これは架空のオムニ社(@ロボコップ)やサイバーダイン社(@ターミネーター)製作ではありませぬカチンコ911では旅客機にカモフラージュされた使い捨て無人戦闘機が遠隔操作にて使用されましたが、陸海空と軍事兵器は高度な無人化が進んでます

歯向かう奴らは有無を言わさずリモコン操作で皆殺し
続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
乗客の「頭の中」を調べテロ防止 空港警備の最前線

Washington Dulles International Airport Main Terminal

“マインド・コントロール”や“脳内思考スキャン”などと言うと、未だにその存在に懐疑的なカタガタが大多数だったりしますが、民間レヴェルでこんなモノが登場すると言うことは、軍事的な“秘密の兵器”とかになると、既に他者を自由自在に操れると考えてた方が良いです

ポケモンの赤青明滅で子供たちが“てんかん発作”起こしたのも、たまたまの偶然などではなく、ある種の実験だったという説もあります
芸能人や政治家の記者会見で見られる、大量のフラッシュには要注意

以下、記事全文
続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
1平方ミリメートルのマイクロチップを運ぶアリ


数年前から流出してる画像でこれほど小さいと言うことは、
この先実際使用されるモノは更なるナノサイズなんでしょうね
注射器で人間の体内に注入するロケット型のタイプは、
既にこっそり公開されてます

こんなの ↓
続きを読む >>
zacky | ・世界の最新マッドサイエンス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM